ラグビー稲垣と堀江 対照的な車で見せた「ファンに神対応」

ラグビー稲垣と堀江 対照的な車で見せた「ファンに神対応」

扉まで開けてファン対応してくれたのは…

? 年末年始はテレビやCMに引っ張りだこだったラグビーW杯日本代表戦士たちがグラウンドに戻ってきた。国内最高峰のラグビーリーグ「トップリーグ」が1月12日に開幕。初戦は全国6会場で8試合が行われ、2003年のリーグ発足史上最多となる延べ11万人を超えるファンが客席を埋め尽くした。ラグビー人気が沸騰する中、W杯で活躍した2人の超人気選手の意外な姿をキャッチした。

 寒風吹きつける群馬県内の『パナソニックワイルドナイツ』の練習場で汗をにじませていたのは同チーム所属のドレッドヘアのフッカー・堀江翔太選手(33才)と“笑わない男”のプロップ・稲垣啓太選手(29才)。W杯後は練習を見学するファンが増えたというが、待ってくれているファン1人1人に丁寧に対応する神対応姿に感激するファンが続出。

「練習後に、待っているファンの前で車を止めてサインや記念撮影に応じてくれるんです」(見学に訪れたファン)

 昨年末も2人はこんな神対応をしていた。まずは稲垣選手。稲垣選手といえばインスタグラムに投稿した私服が格好いいと話題で“ラグビー界のお洒落組長”を自認しているほど。そんな彼のこの日の装いはキャップ、パーカーともに黒で統一されていた。何よりファンの目を奪ったのは、彼の愛車。ベンツのSUVの最高峰「メルセデスAMG G63」だ。車の窓を開けて握手やサインに応じ、前出のファンは「いかつい車の中に強面の稲垣さんがいたから、近寄りがたい雰囲気でしたが、気さくな方で驚きました。会話もしてくれ、一瞬、笑ったように見えましたよ(笑い)」と語った。

 一方、車好きで知られる堀江選手の愛車は、稲垣選手とはある意味対照的で、まるで映画から飛び出してきたかのようなフォルクスワーゲンのレトロな旧型ビートル。彼の体にはちょっと窮屈な運転席に見えたが、華麗なドライブテクニックで、待ち構えるファンの前で停車。窓を開け……ようとしたが開かない! 力を入れるが開かない。最後にドンッと蹴破るようにドアを開けた。

「まさかドアを開けてまで対応してくれるとは……レトロな車でしたがピカピカに磨かれていて、大切に乗っているんだろうなと思いました」(別のファン)

 開幕戦は各試合で開場前から長蛇の列ができ、満員になるほどの人気ぶりだった。しかし、苦い過去を思い起こした選手もいたようだ。スポーツ紙記者が語る。

「前回の2015年W杯で南アフリカに勝った後もラグビー人気が急上昇しました。しかし、一過性で終わったんです。その時のことを知る選手たちは、同じ轍は踏むまいと、この人気を持続させるために、ファンとの交流を大切にしているんだと思います」

 今年の東京五輪では、メダルの期待がかかる7人制ラグビーがある。結果を出すことができれば、ラグビー人気は一過性で終わらないだろう。

関連記事(外部サイト)