競馬 馬券検討の総仕上げ「返し馬」で見るべきポイント

競馬 馬券検討の総仕上げ「返し馬」で見るべきポイント

返し馬ではどこを見る?(イラスト/渡辺コージ)

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、返し馬での馬券検討総仕上げについてつづる。

 * * *
 返し馬を見るたびに「左馬」を思い出す。ほら、飲み屋なんかにある将棋の駒の置物。「馬」が裏返しになってるアレです。千客万来の縁起物らしく、反転文字が疾走するようで、右から左に走る馬のイメージに似合う。なぜか私の書斎にもある。

 馬券検討の総仕上げ、返し馬も幸運を連れてくる。ただ発券締切まで間がなく、目で追えるのはパドックで絞りこんだ5頭くらいか。パドックを見ずに返し馬のみで馬券を定める御仁もいるらしいが、なかなか忙しいだろう。3頭くらいいっぺんに走り出すときもあるし。

 注目は本馬場に下りるとき。興奮して首を強く振ったり、尻っぱねしたりする馬もいる。レースを嫌がっているのか? そういうのがゲート内でしゃがみこんでしまったこともある。

 新馬戦と2走目以降は馬の気持ちが違うらしい。新馬戦はなにもかもが初めて。不安だらけなので背に乗る人間を頼りにする。騎手の言うことを聞く。ところが、一度走ってレースの厳しさを知ってしまうと「この前は苦しかった。今日も目一杯走らされるのかなぁ」などと渋る馬もいそうだ。不満を顕にし、鞍上に従わない場合もある。

 馬場に下りた馬はゴール板まで並足で進むのが正統。そのあとですっと走り出す。口を割らずに、しっかりと首を振って重心を前に出せる力感が好ましい。なおかつ素軽い走り。だが、「これだ!」という見極めは難しいんだな。

 一方で、ちんたらちんたらと、いつまでも走り出さない馬もいる。あれは穏やかにゲートインさせたい意図があるらしい。オーバーワークになりやすいタイプは、返し馬で他に絡まれるとスイッチが入り、スタートから引っかかってしまうことも。騎手はそれを避けているのかも。人の指示に従順な「ちんたら状態」は案外悪くない。

 さて、並足をやらずに直ちに走り出す馬も少なくない。やる気満々かと思いきや……。我慢が利かずにスイッチが入ってしまい、行かせるしかないのかもしれない。馬は不安になると走りたくなる。レースの緊張感は苦手でも、単独でのびのびと走りたいのだ。

 こう見ていくと、忙しい中でも検討ファクターが多すぎる。「分からないから競馬は面白い」とは識者の至言ではあるが、ちょっとくらいは分かりたいではないか。

 唯一はっきりしていることがあった。ゲートインをイヤがる馬。走りたくないのが明々白々。でも、それが分かったところでもう馬券を買えない。そんな馬は、パドック、地下馬道、そして返し馬の段階で早めに馬脚を現してほしいんだな。

【プロフィール】すどう・やすたか 1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2020年1月31日号

関連記事(外部サイト)