松木安太郎氏ほど審判と戦う解説者はいない 研究家が分析

松木安太郎氏ほど審判と戦う解説者はいない 研究家が分析

松木安太郎氏は、解説席で「戦う姿勢」を見せている

 サッカー解説者・松木安太郎氏は、ピッチ上の審判といかに戦ったか──。サッカーU-23アジア選手権で、サウジアラビア、シリアに連敗を喫しグループリーグ敗退が決まった日本は、1月15日に開催された3戦目のカタール戦も1-1の引き分けとなり、3戦未勝利に終わった。その試合の後半31分、審判がカタールにPKを与えると、テレビ朝日系列の中継で中山雅史氏とともに解説を務めていた松木氏は、次のように激怒した。

「え? なんだよ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)見ないのか!? えっ? 見ないのか? えっ? あっ。見ないのか? 見ないのか? なんなんだ、これ。なん……なんで見ないんだ、これ。えっ!? なんで確認しないんだ!」

 松木安太郎研究家でライターの岡野誠氏が「日本×カタール戦」を例に、「松木安太郎×審判」という観点から分析する(※時間表記はテレ朝の中継を基準)。

 * * *
 アディショナルタイムを含め99分間に及ぶ試合で、松木氏が審判の判定に言及したシーンは前半9回、後半8回を数えた。審判がどんな判定を下し、その前後に松木氏が何と叫んだのかを挙げてみよう(※注:1つの出来事で1回とカウント。松木氏のコメントの途中、実況の進藤潤耶アナや中山氏が口を挟んでいる場合は状況に応じて明記することも)。

・前半8分
審判:MF食野亮太郎にファールの判定。
松木氏:あ、いいですねえ。いや〜今のね、ファールですか。
(※注:途中、「あぉお〜〜〜!」という叫びも聞こえるが、中山氏の声と判断。松木氏と中山氏の声はともに甲高いく判別しにくいが、約20回繰り返し聞いて結論を下した)

・前半12分
審判:MF旗手怜央のドリブル突破をカタールの選手が手で阻止したように見えたが、笛はならさず。
松木氏:ファールはないのか。止めた感じありましたけどね。

・前半13分
審判:MF田中駿汰からゴール前のMF旗手へスルーパスが通ってシュートも、副審のフラッグが上がる。
松木氏:オフサイドか(やや不満げに)

・前半42分
審判:カタールにハンドの判定。
松木氏:ハンドでしょ、ハンドでしょうね。

・前半42分
審判:DFハラフとMF食野が小突き合うも、警告などは出ず。
松木氏:これ、もうレフェリーの判断ですからね。

 ここまでの松木氏は審判の判定に「納得」1回、「不満」3回、「移譲(※注)」1回。5度中4度も、松木氏が丁寧語を使用する展開だった。

【※注:移譲とは「対等の立場にある者の間で、権利・権限が譲り渡されること」を意味する。本来、松木氏に判定を下す権利はなく、対等な関係とは言い難いが、この記事では「松木安太郎×審判」という視点で捉えるため、あえてこの単語を使用する】

 前半46分、事件が勃発する。カタールのFWアブドゥリサグが日本陣内でMF田中碧に止められる。アブドゥリサグは足を押さえてうずくまったが、プレーは続行。攻め上がった日本がゴール前にクロスを上げるも、カタールがクリア。日本がこぼれ球を拾ったところで、審判が試合を止めた。

 すると、これまでの丁寧な口調から一転、松木氏はべらんめえ調でまくし立てた。

「今のタイミングで止めてほしくねえなあ。今のクロス……終わってからだな。(倒れたシーンをVTRで見て)ああ、完全に引っ張ってんじゃないか、今。相手の……だからね、今の途中で止める必要ないよね」

 中断後、審判がボールを持って、プレーが止まった右サイドに向かっても、松木氏の怒りは収まらない。

松木氏:これで日本にボールもらったって、あのチャンスは……さっきのほうがよっぽどチャンスだよ。
アナ:主審がプレーを止めました。ドロップボールでゲームが再開されます。
松木氏:ドロップボールつったって、日本のボールにくんなきゃ。

 この直後、主審がVARを確認しにいくと、松木氏の頭に疑問が渦巻いたようだ。

「んあぁ?? な、何をVARなんだ?? いやいや……向こうの選手がやってるのは見えたけど。(VTR見ながら)ボールに行ってるよね。ボールに行ってるよね。ボールに行ってるよね。何?」

 VARの結果、審判はMF田中碧にレッドカードを掲げ、一発退場を宣告。松木氏は呆れ返った口調でこう言い放った。

「こんなバカな話あるか。どこがなんだよ。どこがなんだよ。ボール行ってるじゃないか。しらけるなあ。なんだ今の。なんなんだよ。んぅ?? いや〜だけど、今ボール完全に行ってて、何が……だよね。本当にわからないね」

 結局、「松木安太郎×審判」は前半9回あり、松木氏は審判の判定に「納得」1回、「不満」7回、「移譲」1回。丁寧語使用は4回だった。

◆後半、カタールのPK判定に怒りが爆発

 前半アディショナルタイムの退場劇によって、後半の松木氏は審判に攻勢を強める。

・後半3分
審判:カタールにファール判定。
松木氏:さっきのがレッドカードだったら、今のもおかしいんじゃないかなって思うようにね(笑)。そんな気になっちゃいますよね。

・後半7分
審判:カタールにファール判定。
松木氏:よし! ファールだろ、ファールだろ。

・後半8分
審判:日本にファール判定。
松木氏:んぁぁ、ファールかあ。でも今のいいディフェンスですよね、前線の。

・後半9分
審判:カタールが日本のゴールラインを割ったように見えたが、プレー続行。
松木氏:出た、出た、出た! 出てるだろ! 出てるだろ! はぁぁ? 出てるでしょう、今の!(VTR見て)ほら!

・後半22分
審判:日本にファール判定。
松木氏:いいディフェンスだけどね。(VTR見て)ボールから離れてるときに、ボールを奪いに行ってますからね。で、(カタールは)関係ない時に倒れているわけでしょ、で、すぐに起き上がってるわけでしょ、こういうプレーもなんか主審いったほうがいいんじゃないかなと思うよね。

・後半30分
審判:FWマジードがペナルティエリア内で倒れ、カタールにPKが与えられる。
松木氏:おーーーーえーーーーい! なんだよ、今のボールだろ! ボールだろ、今! これ、なんで? VAR見ない?

 VARを見ようとしない審判に対して、松木氏の怒りは収まらない。

「え? なんだよ、VAR見ないのか! えっ? 見ないのか? えっ? あっ。見ないのか? 見ないのか? なんなんだ、これ。なん……なんで見ないんだ、これ。えっ!? なんで確認しないんだ!」

「なんで見に来ないんだ、これ。そんなの……。見ないのか?(VTR見て)あっっ! 逆に蹴られてるんじゃないか! 逆に蹴られてるじゃないか、これ! レフェリー! 蹴られてるじゃないか、これ。なんで、蹴られてるじゃないか、これ! なぜ見ない! なーによ!!!」

 PKが決まった後、倒れるシーンのVTRが流れると、「蹴られてる! 逆に蹴られてるよ!」と激高。2分後にも、「せっかくだからね、勝って。勝ちたいよ、これ! もう〜癪に障るな〜、もう」とPK判定への怒りは一向に収束しなかった。

 後半45分、日本がコーナーキックを獲得。MF杉岡大暉が蹴るも、エリア内でDF町田浩樹がファールを取られる。すると、松木氏の怒りが爆発した。

「ファールかあ、今の〜!? もう全部ファールじゃないように見えるの、全部取られてるような感じだよ、俺はな! 今日! マジで」

 日本に不利な判定ばかりだと思った松木氏は「もう全部ファールじゃないように見えるの、全部取られてるような感じだよ」と不満をぶちまけた後、「俺はな!」とあくまで自分の見解だと発表した。

 日本チームが審判に文句を言いたくても、プレー中に猛抗議はできない。その気持ちを代弁しつつ、「俺はな!」と発言の責任は全て自分にあると示した。選手を思いやり、身を挺して日本代表を擁護する。こんな解説者が他にいるだろうか。

 後半の松木氏は「納得」2回、「不満」6回、「移譲」0回。丁寧語使用は1回。前後半を合わせて、松木氏が審判の判定に言及した17回の内訳は、「納得」3回、「不満」13回、「移譲」1回。丁寧語使用は5回だった。

 結局、「日本×カタール」は1対1の引き分けに。試合終了直後の「Yahoo!リアルタイム検索」で話題の検索キーワードは、1位 「VAR」、2位「レッドカード」、3位「松木」、4位「審判」と日本代表メンバーを抑えて、松木氏がベスト3入りした。

 ピッチ上の選手や森保一監督以上に、松木氏が戦っていた――視聴者がそう感じ取った結果といったら言い過ぎだろうか。……たしかに言い過ぎかもしれない。

 それでも、これだけは言える。アディショナルタイムを含めた99分間、松木安太郎氏は全力で日本を鼓舞した。この戦う姿勢を、私は生涯忘れない。

◆文/岡野誠:ライター・松木安太郎研究家。著書に『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)。同書では、1998年フランスW杯直前にメンバー落ちした三浦知良の帰国後、親友の田原がどう接したかなども明かしている。2月8日13時半から、大阪・ロフトプラスワンウエストで元CHA-CHA木野正人とトークショーを開催予定。

関連記事(外部サイト)