松木安太郎研究家 「1人足りないほうがいい」発言の真意は

松木安太郎研究家 「1人足りないほうがいい」発言の真意は

松木安太郎氏の発言の真意はどこに?(写真:時事通信フォト)

 かつてヴェルディ川崎の監督としてJリーグ2連覇を果たした松木安太郎氏は、決して感情だけではなく、冷静に現実を見極めた上でのポジティブさと厳しさを持ち合わせて解説しているのではないか──。

 サッカーU-23アジア選手権で日本はサウジアラビア、シリアに連敗を喫しグループリーグで敗退。3戦目となった1月15日のカタ―ル戦も1-1の引き分けとなり、3戦未勝利に終わった。

 同試合も、テレビ朝日系列の中継では松木氏と中山雅史氏が解説を務めた。そして前半アディショナルタイムに退場者を出した後、松木氏は「1人足りないほうがいいチームになる」と発言した。この発言の真意について、松木安太郎研究家でライターの岡野誠氏が考察する(※時間表記はテレ朝の中継を基準。松木氏発言の書き起こしは「まあ」「ちょっと」「やっぱり」「っていう」「ね」などの言葉を省略している所あり)。

 * * *
 大雑把に分ければ、人間には「結論ありきで物事を見る人」、「物事を見てから結論を下す人」の2種類が存在する。常にポジティブな発信をしている松木安太郎氏は前者に思われがちかもしれないが、実際は後者である。1月15日のカタ―ル戦は、それを証明する一戦だった。

 日本はMF田中碧の退場で、後半10人での戦いが強いられた。ハーフタイムに入った直後、松木氏はすぐに気持ちを切り替えた。

「1人足りなくてもね、逆に足りないほうがいいチームになったりするんでね、後半期待しましょうよ!」

 10人対11人になれば、当然日本の不利が考えられる。松木氏の仮説に、疑問を持った視聴者もいただろう。後半に入ると、何度もこの説を唱えるようになる。

後半0分:サッカーって不思議でね、10人になったチームのほうがうまくスペース使えたりするんで、どっちがいいかわからないですよ。

後半4分:ボールの裁きが早くなったよね、日本ね。1人少ないせいかね、積極的にみんなが動いたり、もらう動きが増えてるんだと思うんですよね。だからわかんないよ、これ。

後半10分:(1人少なくなったことで)カウンター狙いのやり方になって、むしろ日本とすりゃあねえ、スムーズにやっぱり攻めれる分ね、チャンスも作れるかもしれないやね。

後半11分:1人少なくなったほうが仕掛けも早いし、動き出しも早くなってるから、決して悪くないですよ、チャンス作れますよ。

後半15分:向こうもね、かなり来れなくなってきてますからね。しかも日本が1人少ないんでね、やみくもに攻められないのもあるんでしょうけどね。

後半15分:(カータルに)動いて(ボールを)もらう選手が少なくなってきました。やっぱり、1人多いということでね、何かラクしちゃいたいんでしょうね。

後半18分:(日本は)これだけね、ある程度早く引くんで、スペースがないですからね、相手にもね。なんか日本は10人になって良くなったよね!

 18分のあいだに7回も、“1人少ない利点”を話した。松木氏のイメージから、無理矢理ポジティブに「日本は10人になって良くなったよね!」と切り替えたと感じた視聴者もいるかもしれない。

 しかし、前半の松木氏は日本の攻撃に満足せず、「早めの仕掛け」「早めの動き出し」を望んでいたことを忘れてはならない。

 主な言葉を挙げるだけでも、2分「早めの仕掛けは今日見たいね」、27分「回しているだけじゃなくて、どっかで仕掛けてほしいんだよね」、28分「先程も言いました仕掛けを早くしていくのも大事」、29分「相手が引く前に攻めるのも大事」、31分「長い距離走った選手をどんどん使ってあげることが大事」、34分「サイドからどんどんどんどんね、クロス上げていいですよ、それで止めることはない!」など何度も指摘していた。

 このような改善点を述べていた松木氏は、退場という悪夢が起こった後、今までの経験値から「逆に1人足りないほうが、早めの仕掛けや動き出しをできる」と考えたのではないか。

 だからといって、すぐに「良くなった」とは言っていない。後半開始当初は「どっちがいいかわからないですよ」「だからわかんないよ、これ」「チャンスも作れるかもしれないやね」という未確定の表現を多用し、後半11分も「決して悪くない」に留めている。

 時間が経つに連れ、前半に再三再四指摘していた「早めの仕掛け」「早めの動き出し」が何度も見られるようになったので、後半18分に「なんか日本は10人になって良くなったよね!」と褒めたのだろう。

 松木氏は、決して結論ありきで物事を述べているのではない。まず、前半の攻撃と照らし合わせた上で「1人足りないほうがいい時もある」という仮説を立て、選手(視聴者)を鼓舞した後、現実を見て「良くなった」と結論付けたのであろう。事実、日本は後半28分にFW小川航基(ジュビロ磐田)のゴールで先制した。

 同時に、松木氏は決して耳障りのいい言葉だけを述べているわけでない。「これは1人少ない分、負担が掛かるのはしょうがない。それは覚悟でやってくれないと困るんだよ」(後半6〜7分)、「(日本がロングボールから裏へ飛び出す攻撃を見て)うん、これだ、これこれ。キツいけど、これもう1人足りないんだから、しょうがないんだよ」(後半10分)と現実を把握した上で、厳しい要求もしている。

 たしかに、松木氏らしい日本贔屓もあった。「(カタールは)1人が多いということでね、何かラクしちゃいたいんでしょうね」(後半15分)、「1人多いと思って、向こうはね、ラクしようと思ってるからチャンスだよね」(後半37分)という発言は、単なる思い込みだと突っ込まれそうだ。しかし、あまりに論理的過ぎると人間味を欠く。このような主観も、松木安太郎という人間が愛される理由の1つだろう。

 過去は変えられない。1人退場というネガティブな出来事を嘆いても仕方ない。冷静な考察から現状をポジティブに捉え、選手を鼓舞する。愛嬌を感じさせながらも、締める所は締める。カタ―ル戦における松木安太郎氏の解説は、三浦知良やラモス瑠偉などのスター集団・ヴェルディ川崎を率いて、1993年から2年連続チャンピオンに導いた偉業を思い起こさせた。

●文/岡野誠:ライター・松木安太郎研究家。著書に『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)。同書では結論ありきで物事を見ずに、膨大な1次資料を元に判断を下しており、2009年のインタビューで田原本人に直接苦言を呈した場面も収録。2月8日13時半から大阪で、3月22日15時から静岡・藤枝で元CHA-CHA木野正人とトークショーを開催予定。

関連記事(外部サイト)