米分析会社の五輪金メダル予想 日本は30個、うち柔道13個

米分析会社の五輪金メダル予想 日本は30個、うち柔道13個

大坂なおみにも期待が集まる(写真/GettyImages)

 JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長は、2月3日に会見を開き、東京五輪での「金メダル30個」を正式目標とすることを表明した。この数字が“高い目標”であることは間違いない。

「過去最多だった1964年の東京五輪と2004年のアテネ五輪でも金メダルは16個でした。2012年のロンドンは7個、4年前のリオが12個。もちろん、56年ぶりの自国開催に向けて強化を進めてきたし、ホームの大声援も力になるが、それでも前回の2倍以上の金メダルを獲るのは簡単ではありません」(スポーツ紙デスク)

 そうしたなか、世界的なスポーツデータ分析会社が東京五輪のメダル予測を行なった。米カリフォルニア州に本社を置く「グレースノート社」である。日本法人の広報担当者はこう説明する。

「当社は日本を含む、世界のスポーツ組織を顧客に持ち、各種データを提供しています。メダル予想は2012年のロンドン五輪から始めました。統計学者、数学者、計量経済学者などのスタッフが、過去の国際大会などの成績から分析しています」

 同社は2016年リオ五輪で獲得総数上位10か国のうち8か国を的中させた。2018年の平昌冬季五輪では、上位10か国のうち7か国の獲得総数の誤差が2個以内となり、精度の高さに定評がある。

 東京五輪のメダル予測については、開会まで半年となった1月24日に最新版をまとめている。それによれば日本が獲得するのは金30個、銀23個、銅11個の計64個。前回リオの41個(金12個、銀8個、銅21個)を遥かに凌ぐ大躍進となり、金メダル獲得数では、米国、中国に次いで第3位になるというのである。

 個別種目を見ていくと、まず目に入るのが柔道の“金メダルラッシュ”だ。新設される混合団体を含めた15種目のうち、13種目で金予想。残りの男子81kg級、90kg級でも銀と予想されている。

「1984年ロス五輪の柔道(無差別級)で金メダルを獲った山下会長が強気なのも、柔道日本勢の調子がいいからでしょう。リオでは金3個、銀1個にとどまったが、昨年の世界選手権では金が5個、銀も6個あった。リオで金を獲った田知本遥(女子70kg級)らが引退したものの、代わって阿部詩(あべうた、女子52kg級)、素根輝(そねあきら、女子78kg超級)といった若手が台頭。ほとんどの階級で代表決定はこれからだが、出場選手の活躍が期待できるのは間違いない」(スポーツジャーナリスト)

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)