一部で大注目 大相撲最弱争いの「逆・頂上決戦」の結果

一部で大注目 大相撲最弱争いの「逆・頂上決戦」の結果

序の口で“逆・頂上決戦”が実現

 ガチンコ横綱・稀勢の里の活躍により、注目度が増した大相撲。5月場所では満員の国技館に詰めかけたファンだけでなく、テレビで結果を知るだけの人たちも力士たちのガチンコ取り組みの行方を気にしていた。ファンが楽しみにしていた稀勢の里vs白鵬の一番は、残念ながら実現しなかった。一方で、一部の関係者の間では「逆・頂上決戦」の実現が話題を呼んだ。

 11日目の6番相撲で組まれた、東序ノ口29枚目の服部桜と東序二段110枚目の澤ノ富士の取組だ。

 服部桜は昨年9月場所で自分から土俵に転ぶ、「敗退行為」を繰り返し、時の人となった力士。序ノ口での連敗記録を更新中だが、キャリアのなかで1度だけ勝ったことがある。その相手が澤ノ富士なのだ。ちなみに澤ノ富士も先場所までで6回しか勝ったことがなく、そのうち5勝が服部桜からあげた白星。つまり“最弱争い”のライバルだ。

「春場所で2人は対戦し、澤ノ富士が勝っている。5月場所は大量の新弟子が序ノ口に入ったので、澤ノ富士は序二段に昇進。服部桜とは番付にして30枚以上の開きができたので、5月場所の対戦はないと思われていた。ところが、それがなぜか実現。編成側にも“逆・頂上決戦”を見たい人がいたのでしょうか……」(古参ファン)

 観客もまばらな午前中の土俵での取組は、澤ノ富士が寄り切りで服部桜を破り、今場所初白星をあげた。負けた服部桜は初日から6連敗となった。NHK中継にも映らず、スポーツ紙でも報じられないライバル対決は、来場所以降も続く。

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)