シンクロ、水泳、新体操 女性選手はなぜ今もハイレグ着用?

シンクロ、水泳、新体操などスポーツ界ではハイレグが健在 脚が長く見える効果も

記事まとめ

  • 今や海辺やプールでハイレグを着ている女性など皆無だが、スポーツの世界では健在
  • 水着のデザインは審査員に与える影響が大きいため、脚が長く見える効果を狙って着用も
  • 競泳は身体を覆う方が速く泳げると証明されたため練習のみハイレグ着用する選手が多い

シンクロ、水泳、新体操 女性選手はなぜ今もハイレグ着用?

シンクロ、水泳、新体操 女性選手はなぜ今もハイレグ着用?

女性スポーツ選手がハイレグを着る理由(写真:アフロ)

 トレンディドラマが流行し、扇子を片手にワンレン・ボディコンの女性がお立ち台の上で踊り狂ったバブル期。女性たちの間で圧倒的な支持を受けたのが、鋭い切れ込みで足の付け根あたりまでを大胆に露出した「ハイレグ」水着だ。今や海辺やプールでハイレグを着ている女性など皆無だが、スポーツの世界ではハイレグが健在だ。

 美しさを競うシンクロナイズドスイミングでは水着のデザインも審査員に与える影響が大きい。五輪の公式種目となった1984年(ロサンゼルス)から当初は、多くの選手が大胆な水着で演技していたため、かつては国際水泳連盟が「腰骨の下3cmを超えるカットは禁止」など細かい規定を設けていた。

 現在では「道徳的品位を備え」「大きく透けないもの」とするのみだが、審判が不適切だと判断した水着の競技者は出場停止にできると明記されていることもあり、過度なハイレグは事実上NGだという。

「ハイレグに見えるのは、ハイレグ水着に薄い肌色の布を縫い足し、遠目にはハイレグに見えるような工夫をしているからです。脚が長く見える効果は捨てがたいですからね」(担当記者)

 速さを競う競泳はどうか。日本代表選手着用モデルを製作するミズノ・グローバルアパレルプロダクト本部の吉井宏見氏が語る。

「以前は脚の動きが妨げられず、泳ぎやすいと思われていたためハイレグが主流でした。しかし現在では身体をできるだけ覆うほうが、筋肉の振動や抵抗を小さくできるため、速く泳げることが証明されています」

 2008年、全身を覆う「高速水着」で世界記録が次々に塗り替えられ、レースで使用禁止になったのが記憶に新しい。そのため現在は、ルール上限の膝上まで覆うスタイルが主になっている。ただ、練習では今でもハイレグ型水着を着用する選手が多い。

「プルブイ(浮力を得る補助具)を脚に挟みやすいことや、比較的安価で長持ちする水着を“練習用水着”として、メーカー側がデザインバリエーション豊富に供給しているから、ということが理由として考えられますね」(同前)

 未だハイレグが主流なのは体操。「小柄な選手が多いため、脚を長く見せたい。さらに股関節を使う種目で動きやすくする」(体操担当記者)ためだ。ただもちろん細かい規定がある。

「レッグカットが腰骨の上になるのは禁止。襟も胸骨の半分や肩甲骨の下部が出るのはNGです。練習着でもセパレート型は認められず、透ける素材はもちろん身ごろに肌色の使用もできません」(同前)

 あくまでも「演技」であって「艶技」ではないということか。

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)