安田記念こそ現代競馬の血統を象徴するGIレース

安田記念こそ現代競馬の血統を象徴するGIレース

角居勝彦調教師が安田記念を語る

 GIのひとつ、安田記念。かつては短距離血統馬の覇権争いの場だったが、近年は種牡馬としての箔付けのレースとなっている。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、安田記念をめぐる血統の面白さについて解説する。

 * * *
 前回はダービーにおけるサンデーサイレンス産駒(以下SS)の圧倒的な活躍についてお話ししました。

 ところが安田記念での成績はダービーほどではありません。SS産駒が初めて出走したのは1996年。前年の皐月賞馬ジェニュイン(松山康厩舎)が4着、オークス馬ダンスパートナー(白井寿厩舎)が6着でした。以後、毎年のように出走してきましたが、健闘はするもののなかなか勝ち馬が出ませんでした。2000年、2001年と続けて京王杯SCを勝ったスティンガーも、直後の安田記念では撥ね返されました。

 SSが安田でふるわなかった理由としては、こんなことをいわれていました──安田記念は高速マイルレースの傾向が強く、ラップが緩まずスピードの持続力が不可欠。SSは中盤で脚をため、残り3ハロンで一気に加速するようなところがあるから、序盤の追走に力を使ってしまって末脚が甘くなる。つまり「届かない」ことが多い、と。いわれてみれば、そんな面もあったようです。

 そんな中、意外にも初めて勝ったのは直子ではなく孫。2004年、ダンスインザダーク産駒ツルマルボーイでした。SSとして初めての勝利は2007年のダイワメジャーまで待たなければなりませんでした。

 しかしこれはSSにマイル適性がなかったということではないと思います。当時は、2400メートルを強く走る馬はマイルには使わないという傾向があり、3歳時にクラシック戦線で上位に来た馬は、天皇賞(春)か宝塚記念を目標にしていました。

 マイルGIはいわゆる八大競走(牡牝クラシックに春秋の天皇賞、有馬記念)に数えられていませんでした。短距離馬限定(春のベストマイラー決定戦)という印象で、強い外国産馬の出走が多かった。そこにあえてGIで安定した成績を残しているSS産駒を出走させる理由付けに乏しかったのでしょう。SSのダービー馬で、古馬になってから2000メートル未満を走った馬は1頭もいないのではないかと思います。

 その後GIレースの数も増え、その位置付けが変化してきました。3月末に多彩な距離が同日に行なわれ賞金も高額なドバイがあり、翌週はGIに昇格した2000メートルの大阪杯がある。牝馬にはヴィクトリアマイルというレースができた。それらを経て多彩なメンバーが安田記念を目標にするようになりました。牡馬の場合、2000メートル以上のGIに加えて、東京マイルGIを勝つことで、種牡馬になったときの大きなアドバンテージにもなります。

 ここ10年の勝ち馬の父を見てもマイル血統といえるのは、エアジハードとローエングリンぐらい。SS系3頭を含むその他の父馬はいずれも2400メートル以上のGIを勝っており、幅広い距離のレースで闘う産駒を送り出しています。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。5月21日終了時点での連続勝利13週は日本記録を更新中。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、など。『競馬感性の法則』(小学館新書)が好評発売中。

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)