東京五輪の天覧試合はどの競技に? 陛下は希望を出せない

東京五輪の天覧試合はどの競技に? 陛下は希望を出せない

1月26日には大相撲観戦に(時事通信フォト)

 東京五輪・パラリンピックの開会宣言は、いずれも名誉総裁を務める今上天皇が行なう。

「過去3回の日本開催の五輪でも、すべて天皇陛下が名誉総裁でした。パラリンピックも合わせての名誉総裁就任は今回が初めてになります」(宮内庁関係者)

 それゆえ両方の開会式に出席するのはもちろん、競技観戦も公務となる。注目はどの競技を観戦するかだ。

「前回の東京五輪では、昭和天皇・皇后両陛下は大会2日目に駒沢陸上競技場で行なわれた、サッカーのブラジル対アラブ連合を観戦。ロイヤルボックスから身を乗り出すように、前半45分間、熱心にご覧になりました。

 必ずしも日本代表の試合にいらっしゃるわけではなく、バレーボールは男子のルーマニア対ブルガリアを観戦されました。その他に柔道の重量級を、講道館長(当時)の喜納履正氏に説明を受けながらご覧になりました」(同前)

 今回は、今上天皇は「野球」を、雅子皇后は「ソフトボール」を観戦するのではないかという見方がある。

「陛下は乗馬、テニス、登山、スキーをこなすスポーツマンです。観戦ではとくに野球が大好きで、学習院初等科時代には巨人V9時代の外野手で1971年の日本シリーズでMVPを取った末次利光選手の大ファンでした。

 雅子さまは田園調布雙葉中学時代、ソフトボールで4番サードとして活躍。高校1年で編入したマサチューセッツ州ベルモント・ハイスクールでも4番セカンドとして活躍しました」(皇室担当記者)

 ただし、天皇は立場上、観戦したい競技や種目を自らリクエストできないという。

「大会組織委員会が陛下のお考えをくんだうえで、会場の安全性が確保できる競技を選ぶと考えられます」(JOC関係者)

 皇室とスポーツ競技団体の関係は深く、それを理由とした観戦もありそうだ。

「例えば、秋篠宮家の長女・眞子さまは、日本テニス協会名誉総裁。常陸宮家・華子さまは日本馬術連盟、三笠宮家・彬子さまは日本ラグビーフットボール協会、高円宮家・久子さまは日本フェンシング協会、日本サッカー協会、日本セーリング連盟名誉総裁です。愛子さま、悠仁さまも、学校が夏休み中のこともあり、ご両親やご学友と一緒に観戦されることもあるかもしれません」(前出・皇室担当記者)

 あなたが持っているチケットが、たまたま“天覧試合”になるかもしれない。

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)