なりふり構わず勝ちに行った白鵬、キセタカを強烈に意識

なりふり構わず勝ちに行った白鵬、キセタカを強烈に意識

なりふり構わず勝ちにいった白鵬(写真:時事通信フォト)

 大相撲5月場所は強行出場した稀勢の里(田子の浦部屋)の3連覇への期待で始まり、白鵬(宮城野部屋)の優勝、高安(田子の浦部屋)の大関昇進決定で幕を閉じた。

 人気のバロメーターといわれる懸賞本数は15日間で計2153本と過去最高。明らかに「キセタカ」ブームの効果である。

「稀勢の里の懸賞の多くは高安の取組に振り替えられた。高安が獲得した懸賞本数は白鵬、稀勢の里に次ぎ、優勝を争った日馬富士(伊勢ヶ濱部屋)を上回った」(協会関係者)

 来場者の投票でその日の最も注目する一番に懸賞が1本加算される「森永賞」は、千秋楽では横綱同士の結びの一番ではなく、高安と大関・照ノ富士(伊勢ヶ濱部屋)の取組に懸けられた。

 面白くないのは、横綱・白鵬だろう。38回目の史上最多優勝だというのに、千秋楽翌日の各スポーツ紙面は、大関昇進を確定的にした笑顔の高安の写真がメインで、その隣に賜杯を抱える白鵬の写真が小さく載っていた。

「高安との一番では、館内から“白鵬、負けろ!”というヤジまで飛んだ。プライドの高い白鵬には、耐えがたい空気だったでしょう」(担当記者)

 思えば初日から、白鵬の目の色は変わっていた。初めから全勝優勝にこだわり、なりふり構わず勝ちにいったというのだ。

「初日の千代の国(九重部屋)戦から立ち合いの張り差し、エルボー気味のかちあげで相手をひるませ、強引に攻めていく。高安戦では張り差しの後にまわしを取ると、頭をつけて寄り倒した。横綱相撲とは正反対の取り口で、何が何でも勝ちにこだわったのでしょう」(協会関係者)

 高安に勝った白鵬は、「自分の役割を果たしたという感じだね。また出直して来い」と、格の違いを誇示するかのようなコメントで溜飲を下げた。また、休場となった稀勢の里に対しては、「出たいという気持ちは理解できた。10日間頑張ったと思う」と気遣う余裕も見せていたが、そうした言及からはキセタカを強烈に意識していた様子が窺える。

 相撲記者たちの関心は早くも7月の名古屋場所(7月9日初日)の「支度部屋」に移っている。

「東支度部屋では奥の正面に正横綱・白鵬が陣取り、その隣に張出横綱の稀勢の里と張出大関の高安が座り、その正面には正大関・照ノ富士。モンゴル勢と田子ノ浦部屋の2人が“がっぷり四つ”でにらみ合う形になる。周囲はこれまで以上に、ピリピリするに違いありません」(担当記者)

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)