MLB移籍・筒香嘉智が「勝負に行ってきます」と覚悟の一言

MLB移籍・筒香嘉智が「勝負に行ってきます」と覚悟の一言

五輪を前に米行きを決めた筒香嘉智

 元横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智(28)は、今シーズンからMLBタンパベイ・レイズへ移籍する。国際試合で侍ジャパンの4番を務め、無類の勝負強さを見せてきたが、MLBは五輪への選手派遣に慎重な姿勢を崩しておらず、筒香が代表入りする可能性は低い。筒香が五輪直前の移籍を決めたのは、お世話になった球団に移籍金が入るポスティングにこだわったためとされる。筒香は移籍を「運命だと思います」と語る。(取材・文/平尾類=フリーライター)

◆古巣への感謝

 ベイスターズの10年間でスタッフや選手の入れ替えは多数ありましたが、たくさんの出会いがあり、育ててもらったからこうしてメジャーに挑戦できるようになった。ラミレス監督からも、昨年11月のファン感謝祭で「頑張って」と背中を押してもらえました。

 なによりファンの方々には感謝しかありません。入団したときは苦しいシーズンが多かったが、いまや優勝争いできるチームになった。選手のレベルアップだけでなく、溢れんばかりの声援を送っていただけるからこそです。

 今年こそ優勝して、フロント、選手、ファンみんなが喜んでいる姿を見たいですよね。キャプテンだったので全選手、平等に接していましたが、自主トレを一緒にやってきた柴田竜拓(26)には期待しています。これまで守備固めで起用されることが多かったけど、昨シーズンはバットでも結果を残した(後半戦の打率は3割3分8厘)。これまで柴田には打撃のアプローチといった技術面だけでなく、野球への姿勢を伝えてきました。先の結果なんてわからないけど、大切なのはどれだけ自信を持って試合に挑めるか。そのための準備が重要なんです。不安は、試合で結果を出すことでしか取り除けない。柴田も新人や若手に伝えていってほしい。チームの中心になる能力はあるし、ならなくちゃいけない選手です。

〈筒香は小学生の時に、松井秀喜(元ヤンキースほか)の打撃をビデオが擦り切れるほど見た。2015年の春季キャンプに松井から受けた「4番打者としての心構え」は1日たりとも忘れていないという。その時に松井からプレゼントされた直筆サイン入りのバットは「今でも大事な宝物」と笑顔で語る〉

 子供の時はイチローさん、松井さんのバッティングを毎日見ていました。

 松井さんは僕よりはるかに凄い方です。NPBだけでなくメジャーでもあれだけ活躍された方なので。当然、松井さんのような活躍ができれば理想ですけど、自分は自分でやれることをしっかりやっていきます。バッティングが期待されていると思うので、まずはバットで貢献したい。

 ただ、野球には目には見えない貢献度というのがあります。同じ1本のホームランでも勝負の大勢が決まった時に打つのと、チームを勝利に導く1本では意味合いが違います。首脳陣が求める役割に100%貢献できるのが選手の理想だと思います。渡米してどんな役割を求めているか首脳陣にしっかり聞いた中で自分の役割を全うできるようにしたいですね。

──筒香のプロ10年間は決して順風満帆だったわけではない。稀代のスラッガーとして素質を認められ、多くの指導者から助言を受けた。時にそれが自身の意に沿わず、成績が低迷。トレードの噂が出るなど「野球人生の危機」を迎えた時期もあった。それでも、逆境からはい上がり、メジャー挑戦の夢を掴んだ。

 数年前、「僕はそんなに強い人間ではないです」と漏らしたことがあった。自分の心に向き合えるから他人に寄り添える。不調の選手がいれば、「やっていることは間違いないから大丈夫」と声を掛け、食事に誘っていた。

 常に周囲に気を配る筒香が「全てが新鮮だった」と楽しそうに話していたのが2015年オフのドミニカでの武者修行だった。あれから4年後に叶えた異国での挑戦。

「勝負に行ってきます」

 覚悟を決めた侍の活躍に注目したい。

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)