7月場所 キセタカVSモンゴル包囲網以外にも見所あり

7月場所 キセタカVSモンゴル包囲網以外にも見所あり

7月場所で雪辱を期す稀勢の里

 大相撲7月場所は、横綱・稀勢の里と新大関・高安が所属する田子ノ浦部屋とモンゴル勢の争い「田子ノ浦部屋VSモンゴル包囲網」に加え、5月場所の結果に伴って他の見所も出てきた。

 モンゴル出身の玉鷲は7月場所は大関挑戦が懸かる。

「玉鷲は土俵で情が入る余地を断つため、モンゴル人コミュニティーには深入りしない。毎年5月に在日モンゴル人が多く住む練馬区光が丘で行なわれる“モンゴル祭り(ハワリンバヤル)”にも顔を出さない」(担当記者)

 玉鷲に加えて荒鷲、貴ノ岩らも、白鵬をトップに戴くモンゴルグループとは距離を置いていることで知られる。

「白鵬が自分の個人記録を優先するようになって周りが見えなくなったのが“横綱離れ”の原因といわれています。貴乃花部屋の貴ノ岩はもちろん、峰崎親方(元幕内・三杉磯)から“いずれ部屋を譲ってもいい”と言われている荒鷲は、帰化を視野に入れてガチンコ相撲一直線。モンゴル勢同士といえども、気は許せないんです」(担当記者)

 モンゴル勢も白鵬を中心とする旧勢力と、玉鷲、貴ノ岩らの新勢力とに分かれ、そこに勢いを増すキセタカ(稀勢の里、高安)を軸とする日本人ガチンコ力士が入り乱れる。

「西の関脇には殊勲賞を獲得した小結・御嶽海が昇格。小結には技能賞の嘉風、前頭筆頭には高安を破った正代がいる。さらには、貴乃花部屋のホープ貴景勝が11勝4敗の星で上がって来るなど、ガチンコ力士が幕内上位にひしめき合っています。前半戦に横綱・大関と当たるのは前頭3、4枚目までの幕内上位。なかでも新大関の高安は他の力士から強烈に意識されるはずです」(古参力士)

 5月場所の稀勢の里のように、標的にされる高安が試練の場所を迎えるのか。復活を期す稀勢の里とともに、“ガチンコ兄弟”は正念場の夏を迎える。

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)