1番人気でオッズが1倍台の馬券は買いなのか? 競馬通考察

1番人気でオッズが1倍台の馬券は買いなのか? 競馬通考察

一番人気は買いなのか

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、馬券のオッズについてつづる。

 * * *
 連載のハナで「馬券・ハードボイルド宣言」を立ちあげた。「感傷を排し冷酷な態度で対象を描く文学」(新明解国語辞典)なる定義は競馬にこそ相応しい。競馬場ではたいてい浮かれたり熱くなったりするから。ハナ差で万馬券を逃して泣いたことだってあるし。感傷に長いお別れを。

 騎手の好き嫌いなども感傷だ。「乗れている」なんて評価に乗るのは安直だろう。中でも「外国人騎手頼み」ってのはどうなのか。

 初心者女性に馬券指南を乞われた先輩作家は「カタカナの騎手を」と冗談交じりに答えた。決着は外国人騎手のワンツー。馬連を的中させた女性に「競馬って簡単ね」と鼻先をあげられたという。先輩の苦笑顔が目に浮かぶようだ。

 たしかに腕がいい。長い脚を利して巧みに馬の重心を操作し、力を溜め、強く前進させる。これが外国人騎手共通の特長らしく、道中の位置取りも巧みで追い出しのタイミングも精妙。馬券検討の信頼に足ることは間違いない。

 その代表は3年連続リーディングのC.ルメール。去年は164勝で勝率.252、連対率.442、3着内率.562というのは驚異的だ。単勝を4回買えば必ず的中するというわけだった。

 だが、彼の単勝を買い続けたときの回収率は70%程度。単勝オッズが1倍台というケースが多く、当たるけれど儲からない。他のリーディング上位を見回しても、100%を超えているのは丸山元気、池添謙一、幸英明、藤岡佑介ぐらいだ。

 知り合いの競馬ライターがオッズについてさらに掘り下げたところ、昨年の全レースで1番人気のオッズが1倍台だったのは800回ほど。しかし1着は半分以下で連対率は7割に届いていないという。さらに複勝率(3着内率)でも8割以下だったそうで、「オッズ1倍台なら3着は外さないはず」とは言い切れないようである。

 さてルメール。オッズ1倍台が騎乗機会の2割超、まさに「ミスター1倍台」だが、勝率は5割以下。3度に2回の連対はさすがだが4着以下が30回ほどある。それでも「ルメールの1倍台は超鉄板」との印象なのは、勝ちっぷりも鮮やかで、終わってみれば「またルメールか」という経験則からだろうか。巷間言われているように「ルメールが乗るから、オッズが下がる」という傾向も少なくない。彼とて魔法使いではなく、走らない馬を勝たせることは難しいのである。

 数字は感傷を排する。冷徹にデータを追うと自分の目線がハードボイルド探偵のようになってくる(本当か?)。やはり競馬は馬本位。ちゃんと馬を見て馬券を買わなきゃ。

●すどう・やすたか 1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)