美人騎手ミカエル・ミシェル、勝利後「みんな大好きです」

美人騎手ミカエル・ミシェル、勝利後「みんな大好きです」

美人すぎるフランス人騎手が日本を席巻中

“美人すぎる騎手”として一躍注目の的となったフランス人ジョッキーのミカエル・ミシェルが再び日本にやってきた──。

 昨年8月開催の『ワールドオールスタージョッキーズ』にてJRA初参戦で初勝利を果たした彼女は、1月24日付で短期騎手免許を交付され、27日の川崎競馬場で地方競馬デビューを果たした。

 近年、多くの外国人トップ騎手が短期免許で来日し、結果を残し続けている。フランスからやってきた彼女にファンの声援が響く。

「パドックの時から応援してくださる方の声が聞こえました。多くの方に応援をしていただけるということが、自分にとって大きかったと思います」(ミシェル騎手)

 初騎乗の第5Rでは11着と敗れたものの、硬さのとれた続く第6Rでは早くも3着に食い込んだ。さらに第8Rではゴール直前まで逃げ粘る展開で、惜しくも初勝利は逃し2着。この日、計5レースを戦い2着1回、3着2回と勝負強さを発揮した。

 すべてのレースを終え、泥まみれで検量室に戻ってきた彼女の顔は充足感で満ちていた。

「勝ち鞍をできる限り増やしたい気持ちはありますが、経験を積みながら楽しみたいですね」

 この日の勝利は持ち越しとなったが、2日後の29日の第5Rで彼女は初勝利を手にした。デビュー14戦目の初勝利に興奮を隠せない様子で感謝の言葉を連呼した。

「競馬場に足を運んで応援してくださった皆様、ありがとうございました。ありがとう! ありがとう! ありがとう! みんな大好きです!」

 Jpn1川崎記念も開催されたこの日は“ミシェルフィーバー”も加わって、過去10年間の同開催日の入場人員の最多記録を塗り替えた。

 いずれはJRAの通年免許を目指す意向の彼女だが、3月までの短期免許期間中は南関東の4競馬場のみならず、高知、佐賀、名古屋と転戦する「LVRレディスヴィクトリーラウンド」にも参戦する。その初戦の2月4日の高知競馬場では、2レース目で見事勝利した。レース後、本誌記者が声をかけると、天使のような笑顔を振りまいてこんなコメントを残してくれた。
 
「応援してくれてありがとうございます。ぜひいつか競馬場に私を観に来てください。待ってます♪」

 JRAの人気騎手・藤田菜七子との“美女対決”でミシェル騎手がターフを沸かせる日を楽しみにしたい。

【PROFILE】1995年生まれ、フランス・イエール出身。2011年にマルセイユの競馬学校に入学、2014年3月に騎手デビュー。同年9月に初勝利。2018年は女性騎手として初めて1日3勝をあげ、女性騎手・見習い騎手として初めての開催リーディングに輝いた。その後も躍進し、フランス年間リーディングで83日にわたってトップを維持した。2019年にワールドオールスタージョッキーズで初来日。現在、南関東の4競馬場(川崎、大井、船橋、浦和)を中心に地方競馬に参戦中。

●取材・文/青野有城 撮影/内海裕之、小倉雄一郎

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)