謎のスー女述懐 大麻騒動で角界を去った白露山の思い出

謎のスー女述懐 大麻騒動で角界を去った白露山の思い出

白露山の思い出(写真:共同通信社)

 相撲ブームが沸騰している。「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が、現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。前回に引き続きロシア出身の白露山と師匠の二十山親方(元大関・北天佑/故人)について尾崎氏が綴る。

 * * *
 二十山親方の死から二週間後、北の湖部屋に移籍して七月場所の土俵に上がった白露山。気丈に「二十山親方の教えを胸に」と語ったが、その悲しみは身体を見ればわかった。十キロも減り、もともと細かった脚も筋肉が落ちきって、割り箸のようであった。成績は二勝十三敗。しかし大関・琴欧洲、前頭四枚目のパワー十分の把瑠都を下しているのだから、弔いがまったくできなかったとは私は思わない。

 親方を元気づけるために勝ち続けなければと、しっかりとした治療をしなかった左膝。それをカバーするために酷使した右膝も壊れていた。前に出る、押す、といった果敢な相撲は消え、引きの動作が頻繁に見られるようになっていたが、一日も休場はしなかった。

 完治させようと数場所休場すれば幕下に陥落し、無給になる。ロシア・ウラジカフカスの親族に多額の仕送りをしているからどんな内容の相撲でも十両に居座らなければ、と思ったのだろうか。

 いや、白露山の化粧まわしには二十山親方の娘のデザインした丸顔の、青い瞳の虎が描かれていることを記事で読んでいた私はこう思いたい。白露山は二十山親方が一人だけ育て上げた関取である。二十山の「山」、北天佑の「佑」を持つ「白露山佑太」の名(ポール牧が命名)が番付表に十両以上の太い文字で載っていることこそが、たった十二年間ではあったが二十山部屋が存在していた証しになると彼は思っているのではないか。

 仕切りのときに、クルクルと膝を回転させる。ああ、おかしくなってるんだな。休むも出るも彼自身が決めること、と思いながら、いい方向に切り替えられるといい、と願っていた。しかし……。白露山とその兄・露鵬は、もう土俵に上がらない。

 二〇〇八年九月二日、国技館での九月場所前の通常の力士会の直後に相撲協会と日本アンチ・ドーピング機構による尿検査が抜き打ちで実施され、露鵬と白露山は大麻の陽性反応が出たとされた。

 本人たちは大麻使用を否定。自宅マンションと所属部屋を家宅捜索されたが、大麻も関連器具も出てこなかった(国技館から警察車両で連行されたため、隠蔽する時間はなかった)。精密検査の結果、自己吸引した場合の五倍、十倍の数値の陽性反応が出たとされ八日、二人は協会から解雇された。

 八月十八日に若ノ鵬が大麻所持の現行犯で検挙され、ロシア出身者は十九日に協会から薬物への関与がないか聴取されていた。大麻成分が尿に出るのは吸引から二、三日のうちだという。一般的な量の十倍を三日と置かず吸引せずにいられない中毒者の自宅に、大麻がないものだろうか。

 白露山を擁護するつもりはない。ただ、二日の尿検査を欠席した力士と不鮮明な反応だった力士(いずれも日本人)は九月場所に出場、騒動真っ只中の七日にタクシー運転手に暴行を加え警察に通報された三段目力士(九州出身)は九月場所のみ全休で許されたから、不思議だな、と思った。

 それから一年半後、ドーピング検査を主導した慶應大学教授の大西祥平氏が亡くなった。五十七歳、死因は不明。少しおどろいて、二〇〇八年九月の「なんかおかしくない?」を忘れられなくなった。

 今日のような雨の日は、膝が痛むはず。白露山とすれちがう日があるならば、とびきり晴れた日がいい。「スイヴォードニャ プリェ クラースナャ パゴーダ」と私が言ったなら、日本語を完璧に話す白露山は「今日は天気が良いですね」と言い返して、パチンとウインクしてくれるだろう。

※週刊ポスト2017年6月30日号

関連記事(外部サイト)