よく寝る浅田真央、手の甲に書いた「マットレス」騒動語る

よく寝る浅田真央、手の甲に書いた「マットレス」騒動語る

浅田真央が「マットレス騒動」の真相を明かす

 元フィギュアスケート選手の浅田真央が、6月19日、ブランドアンバサダーを務める寝具メーカー・エアウィーヴの新CM発表会に着物姿で登場。引退後も注目度は高く、プレゼンを行った同社代表取締役会長の高岡本州氏から「もっと広い会場にしておけば良かったですね」と言わしめるほどの盛況となった。

 発表会は、同社の10周年を祝う意味合いもあり、高岡氏はマットレス事業展開の理由について「20代~30代で交通事故になってむちうちとなり、肩がしんどい状態が続きました。最高のマットレスを作りたいとして作ったのがエアウィーヴです」と振り返る。

 同社と浅田の契約は2011年。きっかけは同年2 月、浅田が出場する四大陸フィギュアスケート選手権に向かう際、手に「マットレス」と書いていたことがテレビに映し出されたことだった。

 実は、浅田がエアウィーヴと出会ったのは、2009年のこと。そもそも「一流の人に選ばれなくては、(良い商品と)認識してもらえないものだと思っている」「スポーツにおいて重要なのは、1980年代は道具、1990年代は食事、これからは睡眠。睡眠を科学していく」という高岡氏は、知人経由でバンクーバーオリンピック代表スキーチームのトレーナー・梅本みのる氏に商品を紹介しており、そこからエアウィーヴの噂が浅田の耳にも届いていたのだ。

 浅田が使っていることを聞きつけた高岡氏は、浅田のところへ使用感を確認しに行っていたが、この時はまだ浅田をブランドアンバサダーにすることは決まっていなかった。だがあの映像を見て、ブランドアンバサダーをお願いするのは浅田しかいないと確信したという。

「前を向いて、妥協されない姿勢がある。気に入っていただけたら使っていただけるが、嫌なものは嫌だと言うんじゃないかなと」(高岡氏)

 浅田は、選手時代7~8時間は寝ており、「今も、身体のためにもお肌のためにも、睡眠はしっかりとっています」というが、悩みがあったことも明かす。

「腰も悪かったので、最初このマットレスに寝たとき、すごく体がらくになって、腰もらくになって、欠かせないものになるだろうなと思いました。サポートしていただき嬉しく思いました。“寝る”ことって一日で一番長くて(大切)。海外に行くとどうしてもベッドって(普段と)違う状態になるのですが、このマットレスを持っていくことで安心できるという思いもあり、ずっと持っていたのを覚えています」(浅田)

 また、手に「マットレス」と書いていたことについては「それぐらい忘れたくなかったんです。心と体の状態を良くするために、(どんな)移動の時も手放したくない存在です。それを消し忘れたのか…、なぜかは分かりませんが」と照れたように笑った。

 その他、イベントでは、高岡氏自ら新製品である三分割のマットレスを2分14分で組み立てるデモンストレーションを行ったほか、JALのファーストクラスに導入される人工羽毛の掛布団を紹介。今は何をかけて寝ているか聞かれた浅田は「もうすぐ夏になるので、なにもかけていないです」とまさかの回答。「えっ!」と驚く高岡氏に対し、改めて「…そのまま寝ちゃってます」という天然なリアクションに、会場からは温かい笑いが拡がった。

 高岡氏は、浅田について「チャレンジ精神を持ち、常に前を向いて、フィギュアをされる姿に、多くの勇気と学びをもらいました」と称賛し、引退後も「新たなチャレンジを応援し続けられたらと思います」と語る。

関連記事(外部サイト)