メダル期待の柔道・大野将平 恩師が語る「リオからの成長」

メダル期待の柔道・大野将平 恩師が語る「リオからの成長」

昨年8月の世界柔道でも見事な一本を見せ、優勝(写真/GettyImages)

 開幕まで半年を切った東京五輪。ニッポンのお家芸である柔道の男子73kg級で期待を集めるのが、リオ五輪金メダリストの大野将平(28)だ。同階級の代表争いを大きくリードする大野だが、ここに至る道のりは決して平坦ではなかった。新シリーズ「東京五輪へ──私が見たアスリートの素顔」では、メダリスト候補たちの苦労を間近で見てきた関係者に話を聞いていく。大野の歩みをよく知る大学時代の恩師にノンフィクションライター・柳川悠二氏がインタビューした。

 * * *
 8年前の2012年8月2日、ロンドン五輪の柔道会場の外で、私は建築士を目指しているというひとりの青年に出会った。この日、男子100kg級に出場する友人の穴井隆将(35。現・天理大柔道部監督)の応援にひとりでやってきたという。

 しかし、彼は観戦に肝心のチケットを持っていなかった。ダフ屋から手に入れる予定が、厳しい当局の取り締まりによってダフ屋の姿がまるでなかったのだ。途方に暮れている間に、100kg級の優勝候補の一角と目されていた穴井は2回戦でまさかの一本負けを喫し、敗者復活にも回ることなく、初の五輪を終えた。その一報を会場の外にいた青年に伝えると、呆然としてしばらく言葉を発せず、「勉強をかねて、ロンドンの建築物を回ってから日本に帰ります」と肩を落としていた。

 五輪には魔物が棲む──五輪の度にそう囁かれてきた。2000年のシドニー五輪を圧倒的な強さで制した井上康生ですら、日本選手団の主将として臨んだ2004年アテネ五輪ではメダルにさえ手が届かなかった。

 初出場の五輪の大舞台で、失意の結果に終わった穴井は、2013年の全日本選手権優勝を最後に第一線から退き、天理大の副監督、そして2014年からは監督に就任し、今日まで過ごしてきた。最初で最後の五輪の畳を、穴井はこう振り返った。

「私は魔物なんていないと思います。その日、誰よりも活躍した選手が金メダルを手にする。ただ、実力以上の力が出ることもあるし、普段の実力がまったく出せなくなるかもしれない舞台でもある」

 母校の指導者に転身した穴井にとって、師として、あるいは兄貴分として温かく接してきた柔道家が、天理大の卒業生で、現在も同大の道場を練習拠点としている大野将平(旭化成)である。

「初めて会ったのは、東京の(古賀稔彦や吉田秀彦らを輩出した柔道私塾である)講道学舎から天理大に入学してきた頃(2012年)でした。その頃は柔道が荒々しく、激しく、血気盛んに戦うイメージでした」

 大野は在学中の2013年と2015年の世界選手権73kg級を制し、その圧倒的な強さと、常に一本を狙い続ける「柔道の申し子」たる姿勢を国際柔道連盟も評価し、その名は世界に広まってゆく。

 2012年のロンドン五輪で、男子柔道は史上初めて金メダルがゼロという一敗地にまみれ、2016年のリオ五輪でも男子73kg級の試合が行われる3日目まで金メダルが男女共になかった。

 試合の日、穴井は「力を出し切ってくれ」という言葉に加え、こんなメッセージを大野に送った。

「勝負には運も必要だよ」

 するとすぐに返信が来た。

「いや、実力で金を勝ち取ります」

 つまり、運・不運には左右されず、圧倒的な自分の柔道で金メダルを獲ると宣言したのだ。 穴井からすれば、自分と同じ失敗をして欲しくなかったからこそのメッセージであったが、それは不要な気遣いだった。リオでの大野は初戦から決勝まで、横四方固め、内股、払い腰、巴投げ、そして小内刈りと、すべて異なる技で勝負を決めた。

 日本発祥の柔道の選手たちは、1964年の東京五輪で柔道が正式種目に採用されて以来、金メダルだけを目指してきた。リオ五輪では、銅メダルに終わった選手がテレビインタビューで謝罪した姿が話題となり、銅メダルを評価しようという国民の声が挙がった。しかし、「金メダル以外はメダルにあらず」の意識は、柔道家なら誰しも抱く。穴井は言う。

「柔道は、投げるか投げられるかの勝負。国際ルールも(一本決着を促すよう)完全決着をつける方向にルール変更を繰り返しています。柔道は勝負が一瞬で決まってしまう可能性がある。柔道ほど失敗が許されない競技はないと思います。野球は4点を奪われたとしても、5得点すれば勝てるじゃないですか? 卓球にしてもバレーボールにしても、得失点を重ねながらセットを奪い合うスポーツですよね。同じ格闘技のレスリングですら、ポイントによって勝敗が決まる。ところが、柔道家にとって、一本を奪われることは『死』ですよね。技ありでさえ、『瀕死状態』。ですから1回戦で負けようが、決勝で負けようが、同じように悔しさは残ります」

 リオ五輪の大野は、金メダルが決まってもにこりともせず、喜び表現することなく相手に深く一礼して畳を降りた。この立ち居振る舞いには相手を敬う目的と共に、2013年に自身も関与が疑われた天理大の暴力事件も背景にある。先輩部員の1年生部員に対する暴力事件が発覚し、柔道部には活動停止処分が下ると共に、柔道部の主将を務めていた大野は強化指定選手からも外されたのだ。

「あいつだけが責任を負う事案ではありませんでしたが、当時、主将だったということと、世界チャンピオンだったということで、報道が過熱したということが少なからずあった。柔道の面でも、私生活の面でも、粛々とやらなければならないことを全うして、今では押しも押されもせぬ不動のチャンピオンとなった。あの事件の責任を果たしたことで、事件をプラスに転化できたんだと思います」

 大野は抜群の破壊力を持つ大外刈りと内股を軸に戦い、巴投げや背負い投げといった技も、そつなくこなす高いレベルのオールラウンダーである。

「大野の強さは一言で、隙がないということ。稽古を見ていても、ふらつかないし、危ない(投げられそうになる)場面がない。対戦相手として、研究しようにも策が浮かばない。負けない強さがある」

 穴井はリオからの成長を、コップに注ぐ水で表現した。

「彼はいつも、柔道の試合でも、練習でも、『ギリギリを攻める』と話しています。リオ以前の大野は、練習でもコップに注ぐ水がこぼれてしまうまで練習に励み、自分自身を追い込んでいた。金メダリストとなってからは、水がコップ一杯になり、こぼれる寸前で止めるようになった。要は自身を休めることも覚えてより大人のアスリートになった。東京五輪の金メダル? 私は盤石だと思っています」

 2月9日にフランスで行われたグランドスラム・パリにおいて、ロンドンとリオの100kg超級を制し、世界の柔道界に“絶対王者”として君臨してきたテディ・リネール(30)が日本人の影浦心(24)に敗れる波瀾があった。衰えの目立つリネールに代わって、油の乗りきった大野こそ絶対王者の称号に相応しい。

 柔道男子73kg級は、7月27日の月曜日に行われる。地元開催の五輪舞台に向け、男子では野村忠宏以来となる2連覇の期待が高まるが、大野はあくまで東京五輪を柔道人生の「通過点」としか考えていないという。

 柔道家であり、求道者。それが大野将平というアスリートである。

関連記事(外部サイト)