瀬古利彦「月1000kmくらい走らないとマラソンで勝てない」

瀬古利彦「月1000kmくらい走らないとマラソンで勝てない」

日本マラソン再建を託された瀬古利彦氏

 東京五輪まで3年余り、日本マラソンの再建を託されたのが長距離界のレジェンド・瀬古利彦氏(60)だ。日本陸連のマラソン強化・戦略プロジェクトのリーダーに就任した。同氏を長く取材してきた高川武将氏が、なぜ、再建プロジェクトのリーダーを引き受けたのかを聞いた。

 * * *
「本当に僕で大丈夫なのかな、というのが、正直な気持ちでした」

 プロジェクトリーダーに任命されたときの心境を聞くと、瀬古利彦は普段の明るい表情から一転、神妙な面持ちでそう言った。

「この10数年、日本のマラソンは相当苦労している。その状況でたった3年しかないのに、果たして間に合うのか。相当悩みました。決断するまでに1か月はかかりましたね」

──なぜ、引き受けたのですか。

「僕らは53年前の東京五輪で銅メダルを獲られた円谷(幸吉)さんの走りを見ている。小学2年生でしたけど、日本人もやれるんだって、凄く元気をもらった記憶があるんです。

 その後『東京オリンピック』(総監督・市川崑)という映画も見て、円谷さんて凄いな、僕も将来はスポーツマンになろうと思った。今、マラソンや駅伝がテレビ中継されるのを当たり前に思っているけど、これはやっぱり、円谷さんと次のメキシコ五輪で銀メダルを獲られた君原(健二)さん、お二人の功績が大きいと思ってるんです」

──日本マラソンの伝統は円谷さんから始まった。

「そうです。この50年、彼らが努力で築いた功績の上に、僕らが甘えさせてもらってやってきた。日本の伝統を受け継いで、世界と戦うんだという気持ちで頑張ってこれた。

 その伝統がここ14、15年、一気に無くなってきている。日本のマラソンとはどういうものか、忘れ去られている。本当に危機なんですよ、今、日本のマラソンは。このまま弱い状況が続くと、ファンにも見放され、テレビ中継もなくなるかも知れない。マイナー競技になってしまう。それでは、円谷さんたちに申し訳ない。

 円谷さんたちに恩返しするためにも、東京で盛り返さないといけない。それにはもう一回原点に戻って、僕の持っているものを活かせるのであれば皆に伝えて行こう、と」

 火中の栗を拾う、そんな言葉が浮かんでくる。

 名だたる国際レースで15戦10勝の金字塔を打ち立てた瀬古をはじめ、宗茂、猛兄弟、中山竹通らが鎬を削っていた1980年代、日本は世界をリードしていた。だが、森下広一が銀メダルを獲得した1992年のバルセロナ五輪後、世界と戦えなくなっていく。女子も2000年のシドニー、続くアテネと、高橋尚子、野口みずきの金メダル獲得以降は低迷していく。

 五輪で入賞者は出していたが、2008年の北京から最近3大会での入賞は男女合わせてわずか一つ。さらにケニア、エチオピアの東アフリカ勢によって男子の世界記録が2時間2分台に突入した中で、日本人の記録は全く伸びていない。日本記録は男子で15年間も、女子で12年間も更新されていない。そればかりか、この10年、男子トップ選手のタイムは2時間8分から10分程度で、30年前の記録で走っている。

──日本はなぜ、退化してしまったんでしょう。

「いくつか理由はありますけど、一番はやっぱり泥臭い練習が足りないからです。生活面を律することも含めて、もう少し長い距離を走らないとマラソンは強くなれない。今の選手は1万mは我々の時代よりも速いタイムで走っている。素質は高いんです。にも拘らず、それがマラソンに繋がっていないんですから」

 瀬古らかつて日本の最強時代を築いた面々は年間通してマラソン練習を行っていて、結果的に月間1000kmから時には1200~1400kmという距離を踏むことになった。

 スピードに特化した練習はトラックシーズンに行うだけでも、1万mを27分台で走る選手は多かった。つまり、スピード持久力の向上が、マラソンにもトラックにも活きていたのだ。

 それが1990年代に入ってから、箱根駅伝の盛り上がりもあって、1万mを27分台で走るスピードランナーは多数輩出されてきたが、その中でマラソンで大成した者は一人もいない。駅伝や30kmで歴史を塗り替えるような記録を出しても、マラソンは成功していない。長い距離を踏まなくなったからだ。

「今の選手は月間600~700kmくらいしか走っていない。2時間10分程度だったらそれでもいいんです。でも僕が言ってるのは、6分、5分のレベル。それには少なくとも1000kmくらいは走らないと無理です」

 それがマラソンの基本である。ただ以前から、距離を走れという旧世代と、もっと別の練習方法があるのではないかという新世代との間で、考え方のギャップがあったのも事実だ。現場を取材すると、それはますます広がっている感さえある。

「もっと距離を踏めと言うと、瀬古さんたちの練習は古いと言われるようになってきました。この前も雑誌で若いコーチが言ってましたよ。彼ら、何もわかっていないなって思うことはよくあります」

【PROFILE】せこ・としひこ/1956年、三重県生まれ。早稲田大学時代に恩師・中村清氏に出会う。箱根駅伝2年連続区間新記録。マラソンでは福岡国際3連覇をはじめ、15戦10勝。五輪には2度出場。引退後は、エスビー食品などでの指導を経て、2013年4月にDeNAランニングクラブの総監督に就任。

※SAPIO2017年8月号

関連記事(外部サイト)