寺を宿舎にする部屋が多い名古屋場所は稽古見物がしやすい

寺を宿舎にする部屋が多い名古屋場所は稽古見物がしやすい

名古屋場所で稽古見物がしやすいのはなぜ?

 年3回ある大相撲地方場所のなかでも、名古屋は「最も稽古が見物しやすい」場所として知られる。その理由は、45ある相撲部屋のうち、19の部屋が名古屋では“お寺”を宿舎にしているからだ。

「もともと地方場所では安くて広いという理由で、寺院の本堂や離れを宿舎に借りることが多かった。かつては大阪でもお寺が多かったが、本堂の古い建物を大男たちが歩き回ることで、床が抜けるなど事故が相次いだため敬遠されるようになったといわれている」(協会関係者)

 寺の境内に稽古場が設営されているため、多くの部屋では自由に見学に立ち入れる。

「稽古の後も、境内で風呂の順番待ちや日向ぼっこをしている力士たちにサインをもらったり、記念写真を撮ったりと気軽に交流できる。仲良くなってちゃんこをご馳走になるファンまでいる。東京では人気力士のいる部屋の敷居は高いが、名古屋は違う。大阪や福岡だと地元企業の敷地内などに稽古場がある部屋が多く、関係者以外立ち入り禁止の場合もありますから、大違い」(地元紙記者)

 人気力士を擁する部屋で、市内にある寺院を宿舎としている例としては、

■八角部屋(千種区の相応寺/隠岐の海、北勝富士)
■宮城野部屋(緑区の浄泉寺/白鵬、石浦)
■伊勢ヶ濱部屋(瑞穂区の天理教東愛大教会/日馬富士、照ノ富士、宝富士、安美錦)

 といったところが挙がる。

「中心部からのアクセスが抜群なのは九重部屋(東区の徳源寺/千代の国、千代翔馬、千代大龍、千代丸)です。稀勢の里、高安のいる田子ノ浦部屋も寺院が宿舎ですが、長久手市の大雄院なので市内からはちょっと時間がかかる」(同前)

 基本的に場所中であっても各部屋は朝稽古を欠かさない。

「古い寺院を宿舎にするなかでのエピソードで有名なのが、NHKの相撲解説でお馴染みの北の富士勝昭氏の意外な一面。関取には個室があてがわれるのですが、北の富士氏は暗いお寺に1人で寝るのがイヤで、若い衆のいるザコ寝部屋に現われ、付け人に“先に寝るな”と命じていたという逸話があります。横綱になってからはもっぱら、寺の近くでホテル暮らしをしていたそうです」(古参親方)

 会場となる愛知県体育館もファンにとってはありがたい構造だ。両国国技館では、横綱・大関が車で会場入りする際には地下の駐車場へ直行するが、名古屋の駐車場は地上のみ。しかも出口は1か所なので全力士の「出待ち」が簡単にできる。名古屋場所は、“1年で最もオープンな場所”なのである。

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連記事(外部サイト)