U-18W杯活躍で「2つはドラフト順位が上がった」投手

U-18W杯活躍で「2つはドラフト順位が上がった」投手

甲子園の後に評価が上がった選手は?

 清宮幸太郎(早稲田実業)、中村奨成(広陵)、安田尚憲(履正社)……プロのスカウトの注目を集める怪物たちが揃ったU-18ワールドカップの現場で、異質な“存在感”を放つ女性たちがいた。はるかカナダまで応援に駆けつけた怪物の母親たちである。ノンフィクションライターの柳川悠二氏は一つの共通点を見出したという。

 * * *
 中村奨成を女手ひとつで育てた母・啓子さんの姿はU-18ワールドカップ開催地であるカナダ・オンタリオ州サンダーベイにはなかったものの、現地まで応援に訪れていたのは、不思議と高校からプロ入りを目指す選手の母親が多かった。

 田浦文丸(秀岳館)の母もそのひとり。4試合目が終わって帰国したため話を聞くことはできなかったが、母の滞在中、3試合に登板した息子は、計9回を投げて19三振を奪った。右打者から見れば逃げるように落ちていくチェンジアップに、外国人打者のバットが面白いように空を切った。

 あるスカウトは言った。

「下位指名候補だったのが、2つは順位が上がった。現時点では上位候補とは言えないかもしれませんが、この大会の活躍によって年俸と契約金で2000万円ぐらいは上がったのでは」

 10月26日のドラフト会議を心待ちにする選手にとっては、全12球団のスカウトが揃うW杯は最後のアピールの場であり、今後の人生を左右する大会となる。

 母親たちがつい熱くなり過ぎるのも、無理はない。

※週刊ポスト2017年9月22日号

関連記事(外部サイト)