37歳で旅立った時天空と少年ファンの笑顔の思い出

37歳で旅立った時天空と少年ファンの笑顔の思い出

通路まで満員になった大相撲KITTE場所

 相撲ブームが沸騰している。「謎のスー女」こと相撲女子の尾崎しのぶ氏が、現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は悪性リンパ腫により37歳で旅立った時天空について尾崎氏が綴る。

 * * *
 今年も大盛況だった夏巡業「大相撲KITTE場所」。東京駅丸の内南口を出たところにある、日本郵便が経営する商業ビルKITTE(東京中央郵便局)で開催される興行で、初開催は、二〇一五年八月二十九日だった。土俵近くの観覧席への入場にはKITTE内ショップで買い物・応募し、抽選に当選して得たチケットが要るが、吹き抜けの構造なので会場のアトリウムを二階から五階の通路より見下ろせる、はずだったのだが……。

 抽選にはずれた私が十一時過ぎに行くと、通路にはすでに人垣ができていて大にぎわい。自分のとろさにがっかりする。相撲人気をなめていた。すき間をさがして二階から五階をドタバタ走り回るが、ない。あきらめて、会場をのぞめない六階のレストランフロアの椅子に座っていた。そこでまさかの、力士との一番の接近があった。

 お腹の大きい女性と、四歳か五歳に見える少年がいた。「あ、ママ! あの人だ!」と少年はさけび、母親にぶつかっていった。突進の後、母親の脚にグイグイ脚をからめている。身重のお母さんになんてことしてるんだ。心配に及ばず、母は強し。少年の相撲遊びには付き合い慣れているらしく、どっしりと立っている。

 そこに、出番を前にレストランで昼食を摂っていたのだろう「あの人」が歩み寄ってきた。そして少年の目の高さまでかがんで、肩を撫でながら言った。

「お母さんを困らせてはいけないよ」

「この子、時天空さんの相撲が一番おもしろいっていつもこうなんです。足技がすごいんだって」

「そうですか、ありがとうございます。光栄です。でもね坊や、僕の真似してくれるのはうれしいけど、お母さんのお腹には坊やの弟か妹がいるのだからあぶないことはしないほうがいいよ。お母さんを大事にして、勉強も、スポーツもがんばってください」

 母親は「時天空さんがおっしゃるなら、そうなるといいのですが」とはにかんでいたが、少年は笑っていなかった。キッと口を結んで、その技を真似して遊ぶほど大好きな時天空から目を逸らしていた。

 母親を転ばそうと足技をかけ時天空を怒らせてしまった、と思ったのか。あこがれの時天空に対面し感動で胸がいっぱいなのか。なんらかの感情が体液中にぐるぐるめぐったのだろう、少年の身体がプクッとほんの少し膨らんだように見えた。

「ほら、『これからも応援しています』って時天空さんに言いなさい」

 母親のうながしにも、少年は従わなかった。黙ったまま、時天空を直視しない、という行動に懸命になっている。

「もう、いつもはテレビに向かって時天空さんを応援しているのに、どうしてせっかく会えたのに、うちの子ったら」

 お母さんもうやめてあげて、と私は頭の中でつぶやく。好きすぎて、偉大すぎておそろしいのだ。母親は私と同年代に見えた。安室奈美恵がいきなり目の前に現れてフランクに話しかけられたならきっとあなたもこうなりますよ、と思った。

 今年KITTE館内で、一歳半程度の赤ちゃんと少年を連れた家族をさがした。一昨年のあの日の時天空の笑顔、そして言葉を覚えているかたずねてみたくなったから。

 あの少年は、KITTE場所直後の二〇一五年九月場所こそ出場したものの、その後土俵に時天空が見られなくなったことに「どうして」と思っただろう。今は小学校一年か二年になっていると推測される。その歳ならば、相撲人名鑑を読めるかもしれない。現役の力士ではなくなり、さらに親方・若者頭・世話人も含んだ相撲協会所属の者でなくなっている現実に気付いているか。

 KITTEに子供連れの家族は数十組いた。あの日の親子に再会できなくて、私はホッとしていた。「お母さんを大事に」と言われた日のたった一年と少し後に、時天空はもう会えない、ほめても怒ってももらえない場所に悪性リンパ腫により三十七歳で旅立ったこと。それを少年にちょうどよく説明できる自信が、私にはとてもない。

※週刊ポスト2017年9月22日号

関連記事(外部サイト)