モスクワ五輪不参加でレスリング、柔道、体操のその後に明暗

モスクワ五輪不参加でレスリング、柔道、体操のその後に明暗

山下泰裕の涙の猛抗議は人々の心を打った(写真/共同通信社)

 2020年東京五輪が新型コロナウイルスの世界的流行によって一年延期となったことで、五輪を目指していた多くの選手の運命が変わるかもしれない。今から40年前、1980年のモスクワ五輪を政府がボイコットし不参加となったことで、当時の五輪代表選手や日本のお家芸と言われた競技の運命も変わらざるを得なかった。ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、五輪ボイコットによって運命が変えられた日本のお家芸であるレスリング、柔道、体操についてレポートする。

 * * *
 モスクワ五輪不参加によって、いっそう五輪の魔力に取り憑かれてしまったのがレスリングの太田章だ。太田は早稲田大4年次に、わざと卒業論文を提出せず、留年してモスクワに備えた。太田にとっては「泣いても泣いても泣ききれないボイコットだった」と明かす。

「その悔しさがあったから、私は五輪に二度も三度も挑戦し、結果的にロス、ソウル、バルセロナと3大会に出場、そのうち2大会で銀メダルを獲得できた。それでも満足できず、39歳で迎えるアトランタ五輪の予選まで挑戦しましたからね。それぐらいオリンピックには魔力、魅力がある」

 かつて男子レスリングは、柔道や体操、バレーボールと共に日本のお家芸だった。1984年のロサンゼルス五輪では、モスクワの代表だった高田裕司が銅メダル、入江隆が銀メダル、富山英明は金メダルに輝いた。だが、レスリングやバレーボールはモスクワ以降、国際的な競技力を徐々に失っていく。

 現・早稲田大スポーツ科学部教授の太田は言う。

「当時、新旧交代がうまくいっていなかった。モスクワに出場できなかったことによって、1980年の時点で本来辞める予定だった選手が現役を続け、若手が育たなかった」

 レスリングとは対照的に、モスクワ代表の多くが、不参加を機に第一線を退いたのが柔道だ。ロスでも代表となったのは山下泰裕だけである。

 藤猪省太(当時・省三)は、モスクワまでに5度の世界大会の日本代表になり、中止となった大会を除いてすべて優勝。モスクワ五輪でも金メダルが確実視されていたが不参加となり、その後、静かに引退した。

 山下と同じ東海大出身の柏崎克彦は、大学時代にはレスリングやロシアのサンボといった他の格闘技の技術を取り入れ、卒業後は茨城県の県立高校で教壇に立ちながら、モスクワの代表に。寝業師として知られた柏崎も、1982年には指導者に転身した。新旧交代の進んだロスでは無差別級の山下のほか、95kg級の斉藤仁など、計4人の金メダリストが誕生した。

 体操の梶谷信之(現・岡山大学教授、当時の所属は紀陽銀行)は、清風高校および日本体育大学の1年後輩である具志堅幸司(現・日体大学長)と共に、Wエースとしてモスクワに臨むはずだった。ボイコットの報は、合宿の練習中に聞いた。代表選手たちは落胆し、練習を中止して皆が自宅に帰っていったという。

「怒りと共に情けないという気持ちで一杯でしたが、政府を恨むこともできず、どこにも気持ちをぶつけることができない状況でした」

 体操はモスクワの前年となる1979年の世界選手権の団体で2位に終わる。五輪と世界選手権で20年間一度も譲らなかった団体王者の座をソ連に譲った。王座奪還を期した舞台がモスクワだった。

「ボイコット後、なんとかもう一度と自分を奮い立たせましたが、4年という時間はあまりに長かった。目の前にある、年に一度の世界選手権やアジア大会に向けて練習することで、気持ちを持続させました」

 現役の体操選手で、東京五輪の延期によって特に大きく運命を左右されそうなのが、ケガで出場が危ぶまれていた内村航平、白井健三ではないだろうか。

「今年8月に24歳になる白井君にとっては、怪我の回復という点で幸いするかもしれない。しかし、32歳で迎えることになる内村君にとっては、体力的にも精神的にも、厳しい1年になるかもしれない。しかし、1%でも可能性があるのなら、それを信じて、目指していってもらいたい」

 そう話す梶谷は、29歳という体操界では“大ベテラン”の年齢でロス五輪に出場し、団体で銅、平行棒で銀を獲得した。

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

関連記事(外部サイト)