NHKマイルCをヒモ荒れと見るなら、狙い目の種牡馬はこれだ

NHKマイルCをヒモ荒れと見るなら、狙い目の種牡馬はこれだ

種牡馬としても活躍するクロフネ

 3歳馬によるマイル王決定戦はヒモ荒れ傾向の強いレースである。競馬ライターの東田和美氏が狙い目を考察した。

 * * *
 これまでの24回で1番人気馬が10勝、単勝の払戻金が500円以下だったのが13回と聞けば堅そうなイメージだが、10番人気以下が16頭も馬券圏内に入っており、馬連が1000円以下だったのは2回しかない。3連単が発売されてから15回だが、10万円以上が10回でうち3回が100万馬券。

 今年は桜花賞で1番人気に支持されて2着だったレシステンシアと、クラシックには目もくれず、このレースを目標にしてきた馬たちとの闘いとみられている。

 芝の中長距離なら、ディープインパクトにハーツクライ、ステイゴールドのSS御三家にキングカメハメハ産駒の争いになることが多いが、若駒のマイル戦に強いのがダイワメジャー産駒。3歳春までのマイルGTで7勝、うちNHKマイルカップでも3勝と、上記ビッグ4を上回っている。もちろんレシステンシアには心強いデータだし、ハーモニーマゼランも無視できない。

 だがこのレースの種牡馬と言えば、フレンチデピュティとクロフネの親子。

 2001年にはクロフネが圧倒的人気に応えて勝ったが、この時の2着馬グラスエイコウオーもフレンチデピュティ産駒の外国産馬。その後フレンチデピュティは輸入され、2007年にはピンクカメオが17番人気で激走。このレースへの出走は7頭で2勝2着1回。母の父としても2013年の覇者マイネルホウオウがいるなど縁が深い。

 フレンチデピュティ産駒はアイビスSDを勝ったサンアディユから天皇賞(春)のアドマイヤジュピタまでいて、まさに距離不問。クロフネはマイルの芝・ダートGIとも1分33秒台で勝っているし、サウンドトゥルーなどのダート巧者を送り出していながら、芝マイルでも桜花賞馬レジネッタがいる。

 クロフネ産駒も毎年クラシック候補を送り出すような派手さはないものの、このレースでは2015年クラリティスカイ、2017年のアエロリットと2勝。2008年にブラックシェル、2013年にインパルスヒーローが2着になっている。

「ダート最強馬」と言われているクロフネだが、産駒はヴィクトリアマイル勝ちホエールキャプチャや、スリープレスナイト、カレンチャンなど芝での活躍馬も多い。父同様アイビスSDのセイコーライコウがいるかと思えば、3200mどころか4250mの中山グランドジャンプを勝ったアップトゥデイトもいるなど、スピードとスタミナを兼ね備えた万能種牡馬だ。初年度産駒のフサイチリシャールが1番人気に支持されるなど、NHKマイルカップにはコンスタントに出走馬を送り出している。

 となれば、抽選をくぐりぬけたクロフネ産駒で母の父ダイワメジャーというボンオムトゥックを買わないわけにはいかない。今年は全勝2頭を含め3勝馬が7頭もいるので、勝ち負けまでは厳しいかもしれないが、前走アーリントンカップでは2着とコンマ1秒差。なんとか一角に食い込めないものか。

 近年GTへの騎乗が少なくなった田中勝春騎手だが、2年ぶりとなった昨年のマイルCSでは10番人気のマイスタイルを4着に持ってくるなど存在感を見せた。2度のGT勝ちは7番人気と11番人気、2着11回の内訳は1,2番人気が1回ずつで9回は3番人気以下。3着8回もすべて人気以上の着順で、うち二桁人気が2回。有力馬への騎乗依頼が少ないといえばそれまでだが、昨年1年間の平均でも着順が人気を上回っている。前回GTで連対したのは2013年のこのレース。その時のインパルスヒーローもクロフネ産駒だった。

 田中勝騎手はクロフネが勝った2001年には単勝109倍の12番人気だったサマーキャンドルを3着に持ってきている。このレースで3番人気に推されながら17着に敗れたキタサンチャンネルの鞍上はデビュー6年目の高橋亮騎手。この後ダービーにも参戦するが16着に終わり、それが騎手として最後のGTとなった。

●ひがしだ・かずみ/伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター

関連記事(外部サイト)