コロナで馬券場閉鎖 ネット投票「専用口座」作りに挑戦した

コロナで馬券場閉鎖 ネット投票「専用口座」作りに挑戦した

競馬好き作家がネット投票に挑戦したら?

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない「夢の馬券生活」。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、新型コロナウイルスの影響で馬券場の閉鎖が続いているため、ネット投票に初めて挑戦した体験についてお届けする。

 * * *
 スマホを持たないIT弱者である。パソコンは原稿を書くのとネットで調べ物をするくらい。買い物したこともチケットを取ったこともない。

 ここまでそれほど不都合はなかったが、さすがに馬券を買えないことは堪えた。GIシーズンなのに、いつまで経ってもエア馬券ではラチがあかない。「的中!」とエア歓喜するたびに自分がアホウに思えてくる。外れても損しないけど。

 ようやく重い腰をあげた。グリーンチャンネルでナイツが宣伝している「即PAT」加入である。

 無観客レースとなった2月末、多数の新加入があった。私はその流れには乗らなかった。ネットで気安く馬券を買えるようになったとき、自分に歯止めが利かなくなるのが怖かったのだ。振り込まれる原稿料を片っ端から競馬に注ぎ込んでしまいそう。しかしアホウもいやだ。今や競馬くらいしか愉しみがないのである。

 そこで競馬だけの口座を作ることにした。ネット投票には指定の銀行口座が必要で、私の使う銀行に当たらないのも都合がよかった。新口座はいわば競馬専用の財布と同じ。そこに入金しなければ不安を抑えられる。月々の入金額をしっかりと定めればいい。

 さっそく自宅にほど近い指定バンクへ。銀行口座を作るのは昭和の末期に就職したとき以来だ。必要なものは免許証くらい。ただし手続きに40分ほどかかるという。

 品のいい女性行員の質問に次々に答える。「ご自身、お身内に日本以外の国籍の方は?」なんて問いに素早く首を横に振っていく。「ハンシャとの関わりは……」ときて「ないですよね」と微笑む女性行員。私も頬をあげる。用途も話した。

 思いもよらぬことを聞かれて時間もかかるわけだが、なかなか愉快な体験である。なにしろ目的が馬券を買うことなのだ。できあがったカードを渡されたとき、「お好きな馬、いるんですか」と微笑まれた。

 HPに戻って当該銀行の入り口から手続きへ。できたばかりの口座番号、暗証番号を入力し、IDを取得。場面がトントンと進むと気持ちもドンドン明るくなる。その日は木曜日だったので馬券販売時間外。でもこれで土日には馬券が買えるのだ! 案ずるより産むが易し。ラクショーだ。オレにもちゃんとできるじゃないの。

 ところが。金曜日夕刻に競馬新聞を買い、早起きして迎えた快晴の土曜日。私は何度も頭をかきむしりパソコン画面に怒号を浴びせることになったのである。

●すどう・やすたか 1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

関連記事(外部サイト)