前田健太「現役だから発信すべき」プロ/アマの壁壊すYouTube

前田健太「現役だから発信すべき」プロ/アマの壁壊すYouTube

YouTubeデビュー(今年2月25日)の動画はフロリダキャンプ時に借りていた家で収録(写真提供/前田健太選手)

 いま、トップアスリートたちが次々とYouTubeチャンネルを開設している。コロナ禍で、練習がままならない中でも、自宅でできるトレーニングやプライベートな一面を披露。画面から語りかけるその姿に、ファンとの距離が縮まっている。

◆アスリート本人が技術指導

 アスリートによるYouTubeが注目を浴びるのは、その身近さ。世界で活躍するアスリートたちが画面から語りかけ、自らのトレーニング方法や技術を事細かに解説する動画を公開している。

 日本人初の100m9秒台を記録した陸上の桐生祥秀選手(24才)は、ツイッターなどで【#教えて桐生選手】と題して動画付きで送られてきた走りの悩みに対して直々にアドバイス。彼を指導する土江寛裕コーチ(45才)と小島茂之コーチ(40才)と共にスタートの姿勢や力の入れ具合などを懇切丁寧に指摘している。

 桐生選手自らのスタートの姿勢も見せながら、アドバイスを送るので、「わかりやすい」「これマジで金払うレベルで羨ましい笑」などと絶賛する声が寄せられている。

◆本人直伝のマエケン体操に待ってました!の声続出

 マエケンの愛称で親しまれる日本人メジャーリーガー、ミネソタ・ツインズの前田健太投手(32才)は、今年2月20日に開設。始めたきっかけとして、「スポーツ界に貢献したい思いがずっとあったから」と前田投手本人が語る。

「子供の頃から野球を始め、いろんなかたのおかげで現在の自分があるのですが、どうしても野球の場合、プロとアマチュアの壁があります。ぼくが直接、高校生以上のアマチュア選手に指導する機会は持てません。

 そんな中、野球が好きな子供たちや彼らを指導するかたがた、親御さんら、そして声援を送ってくださる皆さんのために何かできないかと考えたとき、YouTubeを使えばできることがあるかもしれない。現役であるからこそ発信できることがある、むしろ発信すべきなのではないかと思ったのです」(前田投手・以下同)

 紹介しているトレーニングは、自宅でできるものが多く、外出がままならないいま、運動不足を解消するのにぴったり。試合前や試合途中に行う両腕をぐるぐる回すマエケン体操の正しいやり方などは、テレワークや家事で肩こりに悩まされる人たちも気軽に実践できる内容だ。

「たくさんの反響、声援もいただき、感謝しています。運動不足などに役立ててもらえたらと配信した、自宅でできるトレーニングに関しては、なかなか外で練習ができない、野球をしている子供たちからも、“いま、この時間を大切にするため、参考にします”という声をもらいました。

 子供たちでも再現できるようなトレーニング方法や変化球の投げ方講座、けが防止のための話、またスポーツをやっていないかたにも役立ててもらえるようなメンタルな話などを伝えていきたいと思っています。また“ツインズでのオープン戦初登板の1日公開”のように、現役選手の普段の生活や裏側を見ていただき、楽しんでもらえたらと。現在のような不安が多い状況下でも、ぼくのYouTubeを見てもらうことで、少しでも気分転換してもらえるとありがたいです」

 とコメントを寄せた。

※女性セブン2020年6月4日号

関連記事(外部サイト)