競馬好き作家 初めてガラケーでネット投票に挑戦した結果

競馬好き作家 初めてガラケーでネット投票に挑戦した結果

ガラケーでもネット投票はできる

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、無観客競馬で場外馬券場の閉鎖が続くため、ガラケーを使ってネット投票に挑戦した体験についてお届けする。

 * * *
 初夏はスポーツを絞りこむ季節だ。あれこれと追いかけると時間がいくらあっても足りない。

 去年のチョイスは大相撲、東京六大学野球、そしてもちろん競馬。外したのはプロ野球、サッカーなど。大好きなアメフトでさえ泣く泣く弾いたのだった。ところが今年は競馬のみ。ここに集中するしかない。有り難いことだけど。

 加入した即PATの画面に「携帯電話で購入」とある。レトロなアナログ感に目が止まった。私の携帯はスマホではなく「ガラケー」。かつてスマホがない時代のプッシュホン投票と同じ塩梅らしい。いっちょやってみた。時間、馬に食わせるほどあるし。

 誘導画面はすぐに出てくる。加入者番号や暗証番号などを入力して送信。すると投票画面となり競馬場を選ぶ。要するに端末である。財布(口座)は私のものだから、友人の携帯を借りてでも投票できる。

 コード入力する。1Rは「01」、12Rが「12」。そして式別。単勝「1」、複勝は「2」。枠連「3」、馬連「4」といった感じ。やや複雑なものだと馬連ボックスが「94」、3連単フォーメーションが「908」。こいつは暗号ですね。気分はスパイである。

 ある日の東京競馬場、1R「01」、4番と7番のワイドを500円。ワイドの「5」に、「0407」と入力。次は枚数(金額)だ。1枚100円なので500円は「005」。うっかり「500」とやると5万円になっちゃうから基本は「00」からでいい。まさにコードネーム。それならばと700円に変更した。「007」! つまり「1レースで4番7番のワイド700円」は「0150407007」。ちなみに式別「3連複軸1頭ながし」のコードも007だ。

 案外簡単だった。未知の事柄ができると小さな幸福感が胸に灯る。案ずるより産むが易し。年をとると、やる前から操作の複雑さを想像してしまい、失敗をおそれて手を出さないものである。それじゃいかん! アグレッシブにいこう。3連複軸1頭ながしなど、複雑なコードだって使いこなそう。

 そういえば……20年ほど前、携帯電話から新幹線や航空機のチケットを取った。出先からなんでもできて、便利だと感動したものだった。

 スマホ万能の時代、ガラケーで使える機能は縮小の一途をたどっているらしい。スマホじゃないと時代に乗り遅れる不安。そんな風潮に抗いたい気持ちも強いから、「ガラケーで馬券」なんて化石のようなシステムが機能することに感心する。

 とはいっても、我々の財布から金を吸いあげるのが目的である。1億総オケラ化を目論むJRAに敢然と挑むジェームズ・ボンド。その意気だ!

●すどう・やすたか 1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2020年6月5日号

関連記事(外部サイト)