江夏豊の球宴9連続奪三振 ベンチで展開された人間模様

江夏豊の球宴9連続奪三振 ベンチで展開された人間模様

野村克也氏もきりきり舞いした(写真/共同通信社)

 今年のプロ野球オールスターゲームは中止になったが、球宴が今も昔も心を揺さぶるのは、プロの凄みが凝縮されるようなシーンがしばしば生まれてきたからだ。その中でも「史上最高」と語り継がれるのが、1971年、江夏豊(阪神)による9者連続奪三振。芥川賞作家で熱狂的阪神ファンとして知られる高橋三千綱氏は、あの試合の衝撃を「はっきりと覚えている」という。

「オールスターのシーズンが近づくと、どんな選手が選ばれるかワクワクして。そのなかでも、江夏豊(阪神)の9者連続奪三振は、誰が相手だったかまではっきり覚えています。江夏は“打てるものなら打ってみろ”とばかりにストレートを投げ込み、パ・リーグのバッターもミートに徹すれば不名誉な記録は避けられるのに、フルスイングで向かっていったのは立派でした。

 9人目となった加藤(秀司・阪急)がファウルフライを打ち上げたとき、江夏は田淵(幸一・阪神)に『追うな!』と声をかけてたけど、こっちもテレビを見ながら“ファウルになれ”と叫んでいました」

 江夏の記録は、文字通りの“オールスター”の顔ぶれの中で生まれたからこそ、価値がある。3番・王貞治、4番・長嶋茂雄のONの脇を田淵、ロバーツ(ヤクルト)らスラッガーが固めた。対するパも、江藤慎一(ロッテ)、土井正博(近鉄)、張本勲(東映)、野村克也(南海)、長池徳二(阪急)の超重量級打線だった。投手陣も圧巻の顔触れだ。セが江夏、堀内恒夫(巨人)、平松政次(大洋)、パは米田哲也(阪急)、村田兆治(ロッテ)、山田久志(阪急)……。

 交流戦がなかった当時、日本シリーズ以外に、セ・パの代表選手が真剣勝負するのは、この機会しかない。WBCのように日本代表として組む機会もなかったため、ライバル球団の選手が同じベンチで談笑する姿すら貴重だった。いまやお祭りムードの印象が強いオールスターだが、当時は違う。市立和歌山商から阪神に入団して6年目の藤田平は、4回目の出場ながらピリピリした空気を感じていた。

「セの監督は、あの年巨人をV7に導いた川上哲治さんですし、緊張感がありました。直接話なんてできませんよ。子供の頃からの憧れだった長嶋さんと三遊間を組んで、ショートゴロを捕れば一塁の王さんに送球する。それは感激でした」

◆「幸司、前に来て勉強しろ」

 ファン投票でパの投手トップになったのは、甲子園のアイドルからプロ入りして2年目の太田幸司(近鉄)。ルーキーイヤーも人気だけで選出されたが、この年も調子は上がらず0勝1敗の成績で、選出が決まった日にファーム落ちした。

「ファン投票の中間発表で1位にいると、頼むから投票しないでくれ、と思ったものです。本番のベンチではボクらのようなペーペーは、隅っこのほうで小さくなって見ていましたが、張本さんから“幸司、前に来い。選ばれたのは恥ずかしいことじゃない。ファンの期待に応えるためにも、一番前で先輩たちのプレーを勉強しろ”と声をかけてもらって救われました」

 その目の前で、江夏は伝説の快投を見せた。

「パの強者たちが“俺が打ってくるわ”と勇ましく出て行くのに打てないんですから」(同前)

 江夏はこの年、ここまで6勝9敗と振るわず、「こんな成績なのに選ばれるとは思わなかった。ファンの期待に応えるためには、大リーグにもない記録を作ってやる」と心に決めていたという。ベンチでその様子を見ていた木俣達彦(中日)が振り返る。

「セのコーチには村山実さん(当時阪神の選手兼監督)もいたんですが、“あんな江夏は見たことないで。公式戦でもあれぐらい真剣に投げてくれたらええのに”とボヤいて、みんなを笑わせてました。けれど笑いはそこまで。当時は真剣勝負でしたから」

 江夏の熱投は、リリーフした渡辺秀武、高橋一三(ともに巨人)ら4投手にも乗り移り、継投でのノーヒット・ノーランを達成した。

 江夏は打者としても鮮烈な印象を残した。2回に回って来た2死一、二塁の打席で3球目を右翼席中段に叩きこんだ。打たれた米田は、前年までに286勝を挙げていた球界の大エース。試合前の始球式は、米田の長男が務めた。米田は半世紀が過ぎた今でも悔しそうに語る。

「ああ、あの試合か。ボウズの前で江夏に3ランを打たれたことしか思い出さんわ。当時のパ・リーグは監督も選手も、みんな人気があって給料もよかったセ・リーグに負けたくないという気持ちで、ランナーに出ても相手とは話もせんかったもんや。なにせ、(ドル箱の)巨人とオープン戦を組んでもらうのに四苦八苦してた時代やからねえ」

※週刊ポスト2020年6月5日号

関連記事(外部サイト)