江川卓に投げ勝った土屋正勝氏、まさかのプロ入りで家業廃業

江川卓に投げ勝った土屋正勝氏、まさかのプロ入りで家業廃業

1973年春から4季連続で甲子園に出場(時事通信フォト)

 高校球児にとって、夏の甲子園が中止になったショックは計り知れない。そんな今だからこそ、実際にその座を掴んだ元スター球児に聞いてみた。もし甲子園がなかったら、あなたの人生はどうなっていましたか──。

「子供の頃から私には野球しかなく、目指すのは甲子園のみでした。プロはまったく眼中にありませんでした」

 そう語る土屋正勝氏(63)の運命を変えたのは、1973年夏の甲子園だった。

 銚子商(千葉)は2回戦で作新学院(栃木)と対戦。相手のマウンドには、「甲子園の怪物」と称された江川卓がいた。

 試合は両エースの投げ合いで進み、延長12回裏、江川の押し出し四球で銚子商が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。この名勝負が呼び水となり、土屋氏は1974年ドラフトで中日から1位指名された。

「私の場合、江川さんに投げ勝ったオマケで指名されたようなもの。甲子園の作新学院戦で人生が変わりました」

 作新学院戦の勝利によって全国からの招待試合が激増し、フル稼働せざるを得なかった。この時期の肩の酷使がたたり、11年間のプロ生活は8勝22敗4セーブに終わった。

 あの夏の甲子園で変わったのは自分の人生だけではなかったと土屋氏は振り返る。

「野球をやるのは高校3年間だけで、卒業後は家業の水産加工業を継ぐという約束で水産高校でなく銚子商を受験した。個人経営の小さな工場で、4人姉弟で男ひとりである私が継ぐしかなかったけど、作新学院戦の勝利で思いがけずプロに行くことになり、結局、家業は廃業。作新学院戦は私の家族の人生も変えた凄い試合だったと思う」

 1986年に現役を引退し、現在は郷里の千葉で保険代理業を営む。

「地元で名前が知られていて商売がやりやすいですね。作新学院戦や甲子園の優勝がなかったら家業を継いで、地道にコツコツ働いていたはずです」

【土屋正勝:千葉の名門・銚子商のエースとして1973年春から4季連続で甲子園に出場。1学年下には篠塚和典がいた】

※週刊ポスト2020年6月12・19日号

関連記事(外部サイト)