1984年の江夏豊「西武への望まないトレード」の表と裏

1984年の江夏豊「西武への望まないトレード」の表と裏

もし江夏豊が西武でなく近鉄に移籍していたら…(1983年の日本ハム時代。時事通信フォト)

 1971年のオールスター戦で9者連続奪三振、2年後の中日戦では延長11回に自らのサヨナラホームランでノーヒットノーラン達成し、通算206勝、193セーブを挙げた球史に残る大投手・江夏豊がユニフォームを脱いでから、今年で35年になる。

 1966年の第1次ドラフトで阪神に入団した江夏は、王貞治や長嶋茂雄を擁するV9時代の巨人に立ち向かい、2年目の1968年には401奪三振という今も破られていない年間記録を樹立。阪神在籍9年間で159勝、防御率 2.42という驚異的な数字を残した。

 先発完投にこだわっていた江夏は南海移籍2年目の1977年、野村克也選手兼任監督の勧めで抑えに転向する。その後も広島、日本ハムで抑えの切り札としてチームの優勝に貢献し、史上初の両リーグMVPを獲得して“優勝請負人”と呼ばれ、3球団で最優秀救援投手に輝いた。

 35歳の1983年までに809試合に登板していた江夏は当時、前人未到の1000試合登板を目標に掲げていた。同年51試合に投げて、34セーブ、防御率2.33を記録しており、当時の最多である米田哲也の949登板を抜く可能性はあった(現在の記録は中日・岩瀬仁紀の1002登板。2018年引退)。

 その年のオフ、江夏に人生の岐路が訪れた。日本ハムの大沢啓二監督が退任する際、一緒に日本ハムから去ることを提案されたのだ。球団常務になる大沢氏が、翌年から指揮を執る植村義信監督が江夏を扱いづらいだろうと判断したという説もある。球界渡り鳥の江夏は、大沢に行きたくない球団を伝えた。

〈阪神、広島、巨人、西武、この4つは行きたくなかった。セならヤクルト、パなら近鉄という願望があった。強いチームを倒し、弱いチームを何とかしたいというロマンやね。大沢さんは「わかった」と言いながら、結局、決まったのは行きたくない球団と伝えておいた西武(笑)〉(江夏豊、岡田彰布共著『なぜ阪神は勝てないのか?』・角川書店・2009年9月発行)

 古巣の阪神は優勝から遠ざかっていたが、当時は広島と巨人が毎年のようにペナントを争っており、西武は1983年の日本シリーズで激闘の末に巨人を倒して2年連続日本一に輝いていた。一方、ヤクルトは2年連続最下位、近鉄は1979年から2連覇の後、最下位、3位、4位と成績が落ち込んでいた。

 結局、江夏は柴田保光、木村広との交換トレードで西武に移籍する。だが、チームには1983年に江夏の5年連続最優秀救援投手を阻んだ森繁和が抑えに君臨していた。なぜ、江夏が望んでいない西武にトレードされたのか。野球担当記者が話す。

「1983年の日本シリーズで西武に敗れた巨人が江夏を獲得するという情報がありました。巨人は3勝2敗と王手をかけたシリーズ第6戦、1点リードした9回裏に第5戦に完投している西本聖を登板させた。西本が同点に追いつかれると、延長10回に江川卓を出したが、サヨナラ負けを喫した。角三男というストッパーはいたが、そこまでの信頼度がなかったのです。

 日本ハムからの放出の噂を聞き、巨人は江夏の必要性を感じた。すると、巨人の動きを察知した西武が『巨人に取られるくらいならウチが手を上げる』と先手を打ち、若手の2投手を放出した。西武は翌年の日本シリーズまで見越し、巨人の手を塞ぎに行ったのです。球界の寝技師と呼ばれた根本陸夫管理部長を初めとした西武フロントの動きが速かった」(以下同)

 江夏は阪神時代から首脳陣にとって扱いにくい投手と言われていた。そのせいか、球界随一の実力派でありながら、5球団も渡り歩くことになる。在籍時代1度も優勝できなかった阪神は別として、それ以降のチームでは監督に恵まれていたことを見逃してはならない。江夏がともに戦った指揮官の通算監督年数は、南海時代の野村克也が24年(他にヤクルト、阪神、楽天)、広島時代の古葉竹識監督が14年(他に大洋)、日本ハム時代の大沢啓二監督が13年(他にロッテ)。いずれも長く指揮を任される名監督たちの下で、江夏はプレーすることができた。

 1978年にヤクルトを初の日本一に、1982年から西武を連覇に導いた広岡達朗監督も名将だったが、選手のプライドを尊重する姿勢とは正反対で、いわゆる『管理野球』を貫いていた。しかも、広岡監督は電光石火の速さで決まった江夏のトレードを知らされておらず、将来有望な若手投手2人を相談なしに放出されたことに憤っていた。

 そんな指揮官と江夏のソリが合わなかったのかもしれない。シーズン序盤は抑えとしてセーブを挙げていたが、7月26日にプロ入り初の2軍落ち。その後、1軍から呼ばれることなく、オフに退団する。翌春、江夏は大リーグ挑戦のために海を渡り、ミルウォーキー・ブルワーズに招待選手としてキャンプに参加。しかし、開幕メジャーの夢は叶わず、ユニフォームを脱いだ。

「もし希望球団の1つである近鉄に行っていたら、江夏の野球人生は変わっていたと思います。近鉄の豪放磊落なチームカラーは、江夏に合っていた。1984年から就任した岡本伊三美監督は現役時代、首位打者も獲得した黄金期の南海を支えた名選手で、人心掌握に長けていた鶴岡一人監督を尊敬していた。

 後年、野村克也さんが『鶴岡さんは選手をほとんど褒めない』と否定的でしたが、鶴岡監督は選手の特徴を見抜いて使い分けていただけ。そうじゃないと、今も歴代1位の通算1773勝をあげられません。

 岡本監督は大沢親分と南海時代のチームメイトですから、そのラインで近鉄に江夏が行くことも考えられました。しかし、根本陸夫管理部長を中心とする西武のフロントと違い、近鉄は江夏の移籍情報を察知できなかった。岡本監督は阪神コーチ時代に2年間、江夏と接しており、彼の性格もある程度把握していた。選手の良さを引き出そうとする監督でしたから、江夏とも上手く行ったかもしれません」

 1984年、近鉄の抑えは前年にヤクルトから移籍してきた鈴木康二朗が務めていた。王貞治に756号本塁打を献上したことでも知られる鈴木は、近鉄では3年連続10セーブ以上、ヤクルトでは主に先発で2ケタ勝利3回を挙げた好投手である。1984年、もし江夏が近鉄に移籍していれば、鈴木を先発に回す手も生まれ、チームが浮上したかもしれない。そして数年後、前人未到だった1000登板や近鉄初の日本一に貢献していた可能性もゼロとは言えない。

 西武移籍が江夏の選手寿命を縮めたことは否めないかもしれないが、翌年の大リーグ挑戦はファンに夢を与えてくれたこともまた事実である。(文中敬称略)

関連記事(外部サイト)