秋山、山口、筒香 日本人メジャーリーガーの三者三様な現在

秋山、山口、筒香 日本人メジャーリーガーの三者三様な現在

レイズで今年からプレーする筒香は一時帰国した(写真/GettyImages)

 日本のプロ野球はいよいよ6月19日に開幕するが、メジャーリーグは未だ不透明だ。7月初旬の開幕を目指していたが、米国メディア「ジ・アスレチック」は8月以降の開幕で50〜60試合の実施になる可能性が高いと報じた。

 今年から夢舞台に挑もうとした日本人メジャーリーガーはどうしているのか。元西武のレッズ・秋山翔吾(32)は米国に残って練習を続けている。

「米アリゾナ州のキャンプ地からカリフォルニア州ロサンゼルスへ拠点を移し、ウェイトトレーニングで筋力強化するとともに、キャッチボールやティー打撃もやっている。真面目な性格で意識も高いので、開幕がいつになるにせよ、きっちりやるでしょう」(スポーツ紙デスク)

 一方、新型コロナの感染拡大を受け、帰国しているのが元巨人のブルージェイズ・山口俊(32)。現在は都内を拠点にトレーニングを続けている。

「当初は米フロリダで自主練習に取り組んでいたが、ブルージェイズの本拠地があるカナダが自国民以外の入国を禁止したことを受け、3月25日に日本へ一時帰国した。キャンプではメジャーの公式球への適応に時間がかかりそうだったので、開幕が延期したことでプラスに働く可能性がある」(スポーツジャーナリスト)

 元DeNAのレイズ・筒香嘉智(28)も日本に一時帰国しているが、すでにチームは本拠地で個人練習を再開している。地元紙タンパベイ・タイムズによれば、筒香は代理人を通じメールで「週6日、打撃練習などのトレーニングを続けている」と球団に報告したようだが、焦りはないのか。

「アマ球界の改革を訴えていた筒香は自分のことよりも、甲子園大会が中止になって落ち込んでいる高校球児たちに心を痛めているといいます。出身地の和歌山県橋本市、横浜高校やDeNAが本拠地を置く横浜市に寄付をするなど可能な限り、試合開催のサポートをするようです」(前出・スポーツ紙デスク)

 三者三様でコンディション調整の日々が続く。メジャーデビューの夢がかなうのは、いつになるだろうか。

関連記事(外部サイト)