大相撲「中川部屋パワハラ問題」に協会が“大甘処分”の内幕

大相撲「中川部屋パワハラ問題」に協会が“大甘処分”の内幕

中川親方(元幕内・旭里。写真/時事通信フォト)

 前例のない両国国技館での7月場所初日(19日)を1週間後に控えた13日、日本相撲協会理事会で、「中川部屋の閉鎖」とパワハラ問題を起こした中川親方(元幕内・旭里)の2階級降格処分が決まった。だが、問題の根は深い。

「中川親方は9人の弟子のうち、3人に暴力を振るっていたといいます。今年2月には“チャンコをこぼさず運べ”と顔面を殴り、3月場所中にはタクシーで宿舎に戻る車内で寝ていた弟子を正座させた上で、腹を3回蹴るなどした。他にも荷物の転送に不手際があった、浴衣の帯の結び方が汚いなどと咎めては暴力を振るい、日常的に“クビにするぞ”“殺すぞ”などの暴言もあった」(協会関係者)

 暴言を録音した弟子が協会に駆け込んで発覚。この問題の背景には、中川部屋の成り立ちを巡る複雑な事情が絡んでいる。

「白鵬の付け人」も移籍

 若手親方はこう話す。

「中川部屋の前身は春日山部屋。この『春日山』の年寄株の所有権を巡って元幕内・春日富士と元幕内・濱錦の間で泥沼の法廷闘争になった経緯がある。結果として、当時の春日山部屋を師匠として率いていた元・濱錦が退職に追い込まれ、2016年に部屋は閉鎖。部屋の弟子のうち現役続行を選んだ9人の指導を引き継ぎ、2017年に新たな部屋を立ち上げたのが中川親方です。今回、暴力の標的になった弟子は、中川親方よりも、退職した春日山親方を慕っていた力士たちだといいます」

 部屋のなかで複雑な人間関係が生じた原因に、角界の歪んだ慣習がある。

「春日山親方が角界を去るきっかけを作った法廷闘争の原因は、年寄株の高額売買。カネがないと親方になれない。その悪弊が今回の不祥事の背景にある」(ベテラン記者)

 部屋の閉鎖で中川親方は時津風部屋付きとなり、9人の弟子はバラバラになった。引退した力士以外の移籍先は、中川親方と同じ時津風部屋(時津風一門)だったり、伊勢ヶ濱一門の横綱・白鵬が所属する宮城野部屋など様々。モンゴル人力士の幕下・旭蒼天は義兄にあたる玉鷲のいる二所ノ関一門の片男波部屋に移籍。一門外の部屋に分散する前代未聞の処置となった。

「これ自体、部屋の構成が異常だった証左。前身の春日山部屋時代は伊勢ヶ濱一門の部屋だったから、一部の力士はそちらに戻した。たとえば、宮城野部屋に移った幕下・春光は長く白鵬の付け人をしている。それだけ背景が違う弟子の集団だったということ」(同前)

 そして何より解せないのは、「当初は懲戒解雇などの厳罰という情報があったものの、フタを開けてみたら協会に残れる“大甘処分”だった」(相撲担当記者)ことだ。そこにもまた、「身内の論理」が見え隠れする。

「中川」株の奪い合い

 前出の若手親方が語る。

「年寄株不足のなか、解雇となれば『中川』の名跡の奪い合いです。横綱・白鵬も帰化したものの、年寄株が手当てできていない。もともと伊勢ヶ濱一門の株だった『中川』が空けば、白鵬にちょうどよかったはず。中川親方を解雇せず協会に残したのは、白鵬に株を渡したくない意図もあったのではないかと勘ぐりたくなる。中川親方が移籍した時津風部屋付きの井筒親方(元関脇・豊ノ島)も現在は借株(※正式な所有者から借りている年寄株)で、年寄株を探しているからね」

 協会は懲戒解雇など重い処分にしなかった理由を「コンプライアンス委員会から降格処分が妥当とする答申を受け、決定した」(広報部)と説明する。

 公益法人でありながら、暴力が繰り返し問題化していることを考えれば、“寛大な処置”に思える。

「協会内に“明日は我が身”という考えもあるのではないか。力士が暴言を録音して通報したら解雇、という前例ができたら首筋が寒い親方衆も多い」(前出・ベテラン記者)

 中川親方の降格処分を決めた理事会では、7月場所に2500人の観客を入れることも決まった。

「1場所5億円とされるNHKの放映権料が入る協会は無観客でも財政的に安泰だが、年間400万円の維持費を出す溜会のプッシュがあったし、茶屋も常連客にいい顔をしたい。その利害調整でしょう。ただ、力士に感染死が出ていることを考えれば、密閉された国技館に観客を入れるどころか、場所開催、稽古再開にも慎重さが求められるはずですが……」(同前)

 ポストコロナの時代になっても、角界の体質は変わっていないのか。

※週刊ポスト2020年7月31日・8月7日号

関連記事(外部サイト)