国技館「マス席に1人」「飲酒禁止」に好角家の評価は?

国技館「マス席に1人」「飲酒禁止」に好角家の評価は?

マス席1つに1人となっている(時事通信フォト)

 大相撲7月場所は4か月ぶりの本場所開催となったが、その観戦スタイルは大きな変容を強いられている。新型コロナウイルス感染防止のために、会場を名古屋から両国国技館に移し、観客は定員1万1000人の4分の1となる1日約2500人が上限とされている。館内ではマスク着用が義務付けられ、場内アナウンスでは大声を出す歓声の自粛と、拍手による応援が呼びかけられている。

 そうした注意喚起の場内アナウンスは、土俵入り後や中入りのタイミングで流される。読み上げるのは行司の仕事だ。十両や幕内の取組で関取の出身地、あるいは決まり手をアナウンスするのと同じ声なので、次のような文言が読み上げられると、つい耳を傾けてしまう。

「新型コロナウイルス感染防止のため、入場されてから国技館を退場されるまでできる限りマスクを外さないようにお願いします。お食事は可能な限り控えていただきます。終わられたらすぐにマスクをつけください。熱中症予防のため水分補給は十分に行なってください。なお飲酒は禁止とさせていただきます。

 大きな声での声援はお控えいただき、拍手での応援をお願いしたします。特にマスクを外しての声援は絶対におやめください。館内各所にアルコール消毒液を配備しております。随時お使いください。ソーシャルディスタンスを確保するために、マス席では中央にお座りください。座布団や物は絶対に投げないでください。場内ではお手回り品や貴重品にご注意ください。食中毒防止のために弁当は賞味期限内にお食べください」

 こんな具合に80秒間で禁止事項をまとめてアナウンスしている。その効果なのか、観客たちの入場後のマナーは「ヤジ」などが問題になっているプロ野球の観客とは大きく異なる。ビールの売り子が球場内を歩くなど、アルコール類が認められているプロ野球と違いって、国技館ではアルコール類の販売と持ち込みが禁止。食事をしようにも売店には国技館地下の工場で作った焼鳥(10本セット1400円)しか売っていない。酔った観客が我慢できずにヤジを飛ばすということもないし、初日に横綱・鶴竜が前頭筆頭の遠藤に敗れた時も座布団が宙に舞うこともなかった。

 ただ、「(4人用の)マス席の中央に座る」という注意喚起だけは、徹底されていないようだ。NHKの大相撲中継でも、4人用マス席を1人で“独占”する観客が映り込んでいるが、後方の手すりを背もたれにして、足を投げ出して見ている人も少なくない。テレビに映る向正面の、行司の真後ろの席で柵に足をかけてブラブラさせている人まで現われた。

 長く角界を支えてきた維持員のひとりは、そうした光景を目にして、「無観客のほうがよかった」と話す。土俵下で陣羽織を着て観戦する「維持員」は、協会に所定額の寄付を行ない、承認を受けることで、場所中は「維持員席」での観戦が認められる。

「無観客で行なわれた3月場所では、テレビ越しにも館内の空気がピーンと張り詰めているのがわかった。呼び出しや行司の声だけが響く。力士がぶつかる音の迫力に、咳払いも憚られる神聖な雰囲気があった。横綱土俵入りでは柏手と四股を踏む音だけが館内に響き、厳粛に映った」

 この維持員は、“コロナ前”に大相撲ブームのなかで広まっていた応援スタイルにも疑問を感じていたという。

「最近では、昔ながらの相撲観戦の良さのようなものが、見失われていたように思う。四股名の書かれたタオルを振り、館内が一体となって手拍子を送る。手拍子と共に御嶽海や貴景勝の名前をコールするファンもいた。特に対戦相手がモンゴル人横綱だと日本人力士への熱烈な声援が飛ぶ。

 横綱の土俵入りにしても、本来ならせり上がりで拍手が起こるはずなのに、四股と同時に拍手が始まっている。やはり応援にはタイミングというものがある。もともと、相撲好きのツウが集まる国技館では、熱戦には声援が飛び、逆にあっけなく土俵を割る相撲には拍手すらしなかった。モンゴル人横綱だって、いい相撲を取った時には心から温かい拍手を送りたいものだ」

 このコロナ禍が、大相撲をどう観戦するのがいいのか、考え直す契機となるのかもしれない。長年の大相撲ファンからは、様々な意見が飛び出している。好角家として知られる芥川賞作家の高橋三千綱氏は「コロナ問題をきっかけに、もっと大胆な改革をしてもいいのではないか」と話す。

「今場所はマス席に1人で座っているが、もともとあの広さ(1.3m×1.3m)に4人座らせるのは無理があった。酒やつまみを置けば2人がちょうどくらいでしょう。これを機会に、見直しを図るのがいいんじゃないか。

 それにしても、今場所の大相撲中継の画面は見ていて寂しい。いつもなら、画面に映り込む芸者衆も含めて、中継に花を添えているのに、綺麗どころが足りない。観客の楽しみを考えれば、酒を出さないのもどうなのか。感染予防に対策が必要というのなら、重症化しやすい高齢者が来ないように年齢制限をするのも手でしょう。もう少し協会には工夫してほしかった」

“新しい相撲観戦様式”が生まれるまでには、まだ時間がかかりそうだ。

関連記事(外部サイト)