投手・大谷翔平の完全復活に必要なのは? 遠山奨志氏が助言

投手・大谷翔平の完全復活に必要なのは? 遠山奨志氏が助言

復帰となる今シーズンの出だしに手術は影響した(時事通信フォト)

 エンゼルスの大谷翔平(25)にとって693日ぶりのマウンドは“悪夢の舞台”となってしまった。アウト1つ奪えず5失点で降板――大谷といえど、トミー・ジョン手術からの復帰は容易ではなかった。その後、2試合連続となるホームランを放ったが、投手としては復活への道は不透明と言える。

「今季はシーズンが60試合しかない。来シーズンに向けての調整と割り切ったほうがよいと思います」

 そう助言するのは阪神で活躍した遠山奨志(現・昭治)氏だ。1985年ドラフト1位で阪神に入団し、1年目に8勝を挙げたものの、その後は成績が低迷。1990年オフにトレードでロッテに移籍し、外野手に転向した。1998年には入団テストを経て、古巣の阪神に投手として復帰し、翌1999年に約10年ぶりの勝利を手にした。

「大谷はもともとコントロールがいいタイプではなく、腕の振りで投げる選手です。160キロ以上を投げるためには強く腕を振れないといけない。メスを入れると腕を振ることに怖さが出てくる。克服するには1〜2年かかります。

 本来ならトミー・ジョン手術明けの選手はマイナーで投げるなど段階を踏んでメジャーに立ちますが、今年は新型コロナの影響で中止になっている。紅白戦やブルペンでの調整だけでは難しいはず」(遠山氏)

 さらに遠山氏は、大谷の唯一無二である“二刀流”が復活のハードルを上げていると指摘する。

「野手は太い筋肉や強い筋肉を必要とするが、投手に必要なのは繊細な筋肉です。肩や肘の関節周りの細かな筋肉を鍛えないと肘を痛めますからね。私も、野手から投手に戻るために1年間かけて筋肉を変えました。チーム事情が許すなら今年は打者として出場するのがいいと思います」

 打者として出場する際に大切なのは、守備につくことだという。遠山氏が続ける。

「外野守備をこなしていけば肩は衰えません。私はロッテを自由契約になり、阪神の入団テストを受けました。野手として受けたが、外野からの返球が真っスラ(ストレートがスライダー変化する)だったことなどから、投手として復帰することになった。翌年、野村克也監督が就任されてからは左打者へのワンポイントリリーフに起用されましたが、肩が衰えていなかったからこそ活躍できたと思っています。

 テスト入団の私にとって最後のチャンスだったので、“何でもやります”という気持ちもプラスに働いたのでしょう。大谷もメジャー2年間で結果を残しているとはいえ、今季は“打者だけでもやります”という気持ちでやるほうが完全復活に近づくのではないでしょうか」

関連記事(外部サイト)