キャバクラ豪遊の阿炎に銀座通い封印の白鵬が激怒している!?

阿炎が“夜の店”で会食し7月場所休場 銀座通いを我慢する白鵬は怒り心頭とも

記事まとめ

  • 前頭5枚目の阿炎が“夜の店”での会食が露見し、7月場所休場に追い込まれた
  • 飲み歩く姿がSNSのストーリーに投稿され、協会の知るところになったという
  • 大好きな銀座通いを我慢しているという横綱白鵬も怒り心頭だという

キャバクラ豪遊の阿炎に銀座通い封印の白鵬が激怒している!?

キャバクラ豪遊の阿炎に銀座通い封印の白鵬が激怒している!?

あまりにも軽率だった(時事通信フォト)

 7月場所中に“夜の店”での会食が露見し、7日目から休場に追い込まれたのが前頭5枚目の阿炎(あび)だ。両国国技館からも、所属する錣山部屋からも近い、東京・錦糸町で飲み歩いていたという。

「阿炎は3日ほど続けて姿を見せ、お気に入りのキャバクラに出入りしていた。錦糸町では高級店の1セット7000円くらいの店で、カラオケつきのVIPルームはあるけど、出入りやトイレに行く時は丸見え。力士は目立つのに、あまりに無防備。タニマチらしき同行者や別の力士と一緒で、彼らにどんどん飲ませて盛り上がっていたようだ」(地元飲食店関係者)

 店内の感染予防としてはテーブルにアルコール消毒液が置いてあるくらいだといい、軽率の誹りは免れない。

「結局、飲み歩く姿がSNSのストーリー(24時間で消える投稿)にあげられ、協会の知るところになったという。錣山親方(元関脇・寺尾)に伝わり、急遽休場となった。しかも、一緒に飲み歩いていたのは初日から休場している幕下以下の力士。名前が非公表なのは、“幕下は力士として一人前ではないから”という建前だが、執行部の親方の弟子だから名前が伏せられているともいわれる。ただ、場所後の理事会で厳しい処分が出るだろう」(担当記者)

 協会の新型コロナウイルス対応ガイドラインでは「基本的に外出禁止とし、不要不急の外出をしない」などと厳しく行動を制限している。

「大半の力士はガイドラインを守ってろくに外出もできず、ストレスの溜まる生活を続けてきた。ジムや整体で錦糸町に通う関取もいるが、ネオンを目にしながら寂しく帰っていた」(協会関係者)

 それだけに、阿炎の行動は力士たちの怒りを買っているという。

「横綱・白鵬も怒り心頭だといいます。東京五輪開会式での土俵入りを目標にしていたが、延期で優勝50回を目指すことにした白鵬は大好きな銀座通いもせず、タニマチの誘いも断わって、自宅と部屋、国技館を行き来するだけ。横綱が我慢しているのに、平幕が豪遊ですから、怒るのは当然でしょう」(若手親方)

 来場所以降、阿炎が白鵬と対戦することがあれば、強烈なカチ上げをかまされるのかもしれない。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連記事(外部サイト)