働きながら競技を続けるパラアスリート その収入と支出は?

働きながら競技を続けるパラアスリート その収入と支出は?

パラスポーツのプロ選手はごくわずかだという(右から2人目が小須田潤太選手)

 一口にパラスポーツと言っても、障害の種類(身体障害、知的障害など)やその程度ごとに同じ競技でもクラスは細かく分かれる。特に身体障害者向けでは、義足や義手、車椅子などで競技専用の道具が用いられている。それらにかかる費用は、場合によっては相当高額なものとなるが、パラアスリートたちはどう工面しているのだろうか。

 競技に使う道具が選手のパフォーマンスに与える影響は大きく、仕様や性能、その調整などに妥協は許されない。パラリンピック東京大会に陸上100mと走り幅跳びで出場を狙う小須田潤太選手(29)は、競技用の大腿義足にかかる費用についてこう明かす。

「切断面(断端)を収納するソケット部分が20万〜30万円、膝の部分の『膝継手(ひざつぎて)』、足首部分の『足部(そくぶ)』を合わせて60万〜70万円ぐらいします(計100万円程度)。膝継手と足部は既製品ですが、それでも高価です。オーダーメイドのソケット部は、私の場合は日常用と兼用ですが、ソケット部を競技専用につくる人もいます。しかも競技用義足の足部(ブレード部分)は消耗品なので、激しくトレーニングすれば1年ぐらいで新調する必要があります」

 日常用義足の購入には各種公的保険が適用されるが、競技用義足は全額自己負担で購入するしかない。小須田選手によると、さらにウェアやシューズ代、練習場を借りる費用で年間30〜40万円が必要で、試合が遠方であれば遠征費などもこれに加算されるという。ちょっとした中古車を買うぐらいの費用が、競技を続けるだけで毎年かかってくるのだ。

 小須田選手の場合は、社員として勤務しているオープンハウス(総合不動産会社)が用具の購入・メインテナンスから遠征の渡航費まで、競技にかかる費用をすべて支出している。しかし、そうした環境はパラアスリートの中でもかなり恵まれているほうだという。

 社会人選手の場合、プロスポーツ選手として、企業からスポンサー契約を得て競技に専念できるのはほんの一握りでしかない。選手は、それぞれがさまざまな方法で日々の活動費を捻出しているのが現状だ。

?

学校の体育でも義足で走れる環境を

 実際、パラアスリートにはさまざまな立場の人がいる。1社と専属契約をして1000万円程度の報酬を得る“完全プロ”の選手もいれば、複数の企業とスポンサー契約をして活動している人もいる。また、ある程度の実績と知名度があれば、各地での講演活動で収入を得られることもあるという。

 用具メーカーと契約をしていれば、用具の提供を受けることができ、さらに用具を使うことでスポンサー料が得られる選手もいる。ただ、スポンサーから潤沢な資金を得られるケースは一部のアスリートに限られる。そのため、働きながら競技に打ち込む選手が多く、前出の小須田選手も週5日、9時から14時まで所属のオープンハウスで勤務する契約だという。

 義足で陸上競技の世界に挑戦するアスリートを描き話題となっているマンガ『新しい足で駆け抜けろ。』(みどりわたる作、『ビッグコミックスピリッツ』に連載中)の主人公は高校生だが、物語の中でも、最初はやはり競技用義足を義肢装具士から借りている。小中高生の場合、競技用義足を購入するとなれば、親の負担は大きなものになる。

 一方で、アスリートをサポートする義肢装具士の世界もなかなか厳しい。「お金が目的なら義肢装具士を続けていくのは難しいのでは」と言うのは、株式会社OSPO オキノスポーツ義肢装具の代表を務める義肢装具士の沖野敦郎さんだ。

「日本では義足利用者が7万人、車椅子は高齢者も入れると100万人以上です。義足の需要が少ないので数多くつくられることはなく、安くならないのです。同じ理由で、義肢装具士は、コルセットやシューズの中敷きなどの装具を扱う人がほとんどで、義肢をつくる人は多くありません。装具のほうがお金になるからです。養成学校時代の私の同期は10人いましたが、義肢をつくり続けている(義肢装具士を続けている)のは3人だけですね」

 沖野さんによると、海外では紀元前から義肢の歴史がある(なんと、エジプトでは義足を履いたミイラが見つかっているという)が、日本で義肢が登場したのは江戸末期からだという。ヨーロッパの国々とはそもそも義肢の歴史の厚みが違うため、日本ではまだまだそのあたりの補助が行き届いていないのが現状だ。

?

 当然、未来のパラアスリートを目指す子どもたちも気軽に競技を楽しめる環境にはない。そこで沖野さんは「オスポランニング教室」と題した競技用義足の体験会を開催している。義足で本格的に走る感覚を味わってほしいと、子どもたちに中古の競技用義足を貸し出して走り方を指導している。沖野さんは言う。

「子どもたちの体は成長のスピードが早いので、買い替えの頻度が多くなる。だから、将来的には競技用義足がレンタルできて、学校の体育でも使えるようになってほしい。望む子には、いつでも思い切り運動できる環境ができたらいいなと思っています」

 パラスポーツにおいても一般スポーツと同様に競技人口や環境といったすそ野の広さが、競技レベルに比例する。「2020東京パラリンピック」が、競技レベルの面でも、すそ野の広さの面でも、日本がパラアスリート大国になるきっかけとなることを望みたい。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

?

関連記事(外部サイト)