中日がセ・リーグ唯一の観客3000人台 ファン離れの要因は

中日ドラゴンズがセ・リーグ唯一の3000人台動員 落合博満氏の解任でファン離れか

記事まとめ

  • 中日ドラゴンズの集客はセ・リーグの中で唯一、3000人台を記録している
  • 日本ハムが札幌ドームで1000人台を記録するなど、パ・リーグでは珍しくないという
  • 落合博満氏の解任から中日の低迷は始まり、ファン離れが進んだのではとも

中日がセ・リーグ唯一の観客3000人台 ファン離れの要因は

中日がセ・リーグ唯一の観客3000人台 ファン離れの要因は

上限5000人の有観客試合でも、チームによって観客動員数に差が(ナゴヤドーム。時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの影響で、例年より3か月遅れで開幕したプロ野球。当初は無観客試合を行なっていたが、7月10日から5000人を上限に開催し、1か月が過ぎた。どの球場も9割前後、4000人台の集客となっているが、中日はセ・リーグの中で唯一、3000人台を記録している(8月16日現在)。7月14日からのDeNA戦(ナゴヤドーム)は3660人、3698人、3805人だった。野球担当記者が話す。

「日本ハムが札幌ドームで1000人台(7月30日木曜)を記録しているように、パ・リーグは4000人台にならない試合も珍しくありません。しかし、セ・リーグはどの球場も上限近く入っていますし、広島はマツダスタジアムで上限の5000人の試合もありました。平日とはいえ、ドーム球場で天候にも左右されない中日の3000人台の日は目立ちますね」(以下同)

 中日は1950年の2リーグ分裂以降の60年でAクラス44回、Bクラス16回。7割以上の確率で、3位以内に入る安定的な強さを誇る球団だった。だが、2010年から落合博満監督で2連覇し、2012年の高木守道監督で2位になった後は、2013年から7年連続でBクラスに落ち込んでいる。しかも、2015年以降は全て5位以下に終わっている。

「落合監督は『勝つことが最大のファンサービス』を信条に、マスコミにケガ人の詳細な情報も流さなかったし、ファンへのわかりやすいアピールはうまくなかった。しかし、8年で優勝4回、日本一1回と歴代の中日監督で1番の成績を残した。その間、年間の観客動員数は210万〜240万台で、毎年リーグ3位でした。

 落合監督で優勝した年を比較すると、1年目の2004年は233万500人、3年目の2006年は239万8698人、7年目の2010年は219万3124人、最終年は214万3963人。徐々に減っていたことは間違いない。ただし、これだけを比較して『同じ優勝なのに観客が減っている。落合監督では観客を呼べない』と判断するのは無理があったと言わざるを得ません」

 2004年まで観客動員数は球団の公称だった。同年の球界再編を経て、2005年に実数発表に切り替わった。その年と落合監督最終年の2011年を比較すると、中日より観客数が上の2球団も減少している。巨人は292万2093人から271万6974人と約20万人、阪神は313万2224人から289万8432人と約23万人落ちた。中日は2005年に228万4400人のため、2011年は約14万人のマイナス。むしろ、下がり幅は低い方だった。

「広島は2009年にマツダスタジアムができて、観客動員が伸びました。しかし、開業1年目は約187万人でしたが、翌年は160万人、その後3年間は150万人台が続いた。それが2015年から3連覇すると、200万人を突破した。やっぱり、観客動員はチームが強いかどうかに大きな比重がある」

 落合監督と同じく、優勝した年に契約満了という名の“事実上の解任”をされた西武・森祇晶監督はどうだったのか。1986年からの9年間で8回優勝、6回日本一の名将は『バントばかりの手堅い采配でつまらない』などと酷評されることもあり、1994年にリーグ5連覇を達成したにもかかわらず、ユニフォームを脱いだ。翌年、西武は3位に順位を下げ、観客動員数も約168万人から約166万人微減。1996年、なんとか2年連続3位に滑り込むも、優勝争いに絡めず、16年ぶりに負け越すと、約37万人も減った(約129万人)。森監督最終年である1994年の観客動員数を上回ったのは、“平成の怪物”こと松坂大輔が入団した1999年まで待たなければならなかった。

「中日は2011年に優勝した落合監督を斬ってまで、ファンサービスを重視したにもかかわらず、2012年以降、観客動員が下がり続けた。一昨年、昨年とようやく2011年を上回りましたが、2年連続5位。球団はそれで満足できるのか。2014年から3シーズン、落合氏はゼネラルマネージャーを務め、その間もチームは結果を残せなかったことも事実です。だからといって、監督時代の功績は否定しようがないですし、事実上の落合解任から中日の低迷は始まり、ファン離れが進んだのではないでしょうか。落合監督の『勝つことが最大のファンサービス』というモットーは、間違っていなかったと認めざるを得ないでしょう」

 チームが弱くなると、客足は遠のく。現在、首位・巨人に7.5ゲーム差をつけられ、5位に沈んでいる中日。勝って上位進出することが、ファンを取り戻す最善の方法ではないだろうか。

関連記事(外部サイト)