大相撲“モラハラおかみさん問題”に相撲協会が及び腰な理由

大相撲“モラハラおかみさん問題”に相撲協会が及び腰な理由

式秀部屋で集団脱走が発生(時事通信フォト)

『大相撲の事典』(東京堂出版)の定義によれば、「おかみさん」とは〈部屋持ち親方の妻の呼称。部屋の全力士の母親役をつとめ、しつけ役、身上相談、ちゃんこ材料の買い出し指導から親方・子供の世話まで、機転と忍耐力と行動力が要求される大役である〉とある。

 その大役の“暴走”が「力士の集団脱走」によって明らかになった。

 8月4日、式秀部屋の力士9人が部屋を飛び出し、カラオケボックスから相撲協会の通報窓口に連絡。「おかみさんのモラハラ」を訴えた。

「式秀親方(元前頭・北桜)は今年1月から体調を崩して本場所を休場していた。“師匠代行”となったおかみさんが、力士の生活を徹底監視。グループLINEに長文の指示を送ったり、仕送りの荷物の中身の画像を投稿させるなどし、従わないと厳しく叱責したという。弟子たちが音をあげて逃げ出した」(協会関係者)

 式秀部屋は力士に爆羅騎(ばらき)、冨蘭志壽(ふらんしす)、宇瑠寅(うるとら)、など“キラキラネーム”をつけることで知られるが、所属力士は序ノ口で89連敗を記録した服部桜ら三段目以下のみ。部屋付き親方もおらず、指導者不在となっていた。

「式秀親方が現役時代に所属した北の湖部屋の兄弟子らでサポート体制を組むこともできた。ただ、心配した親方衆が部屋を訪ねたところ、おかみさんが門前払いにしたそうです」(若手親方)

 式秀部屋はもともと、使命感の強いおかみさんが部屋を切り盛りし、「親方は頭が上がらなかった」(同前)という。

 2016年に本誌・『週刊ポスト』のちゃんこ鍋特集取材の際も、現場を仕切るのはおかみさんで、親方と弟子たちはその指示に従ってちゃんこ場を動き回っていた。メニューの考案もおかみさん。食欲増進と疲労回復のためにクコ、花山椒、クミンなどをブレンドしたスパイスで出汁を取る「薬膳ちゃんこ」という“独創的”なレシピを披露した。

 力士の栄養管理はおかみさんの重要な仕事だ。ただ、騒動を受けての協会の聞き取り調査では、「後援者が差し入れた新米をおかみさんが実家や知人に送り、弟子には古米を食べさせていた」といった不満も噴出。

「全員に厳しいならまだしも、おかみさんは一部のベテラン力士ら手の合う弟子には気ままに振る舞わせ、そうでない力士は締め付けた。親方はそうしたことでも心労を募らせていたのではないか」(前出・若手親方)

 おかみさんの携帯電話に連絡をしたが、つながることはなかった。

ヒト、モノ、カネを差配

 8月6日に開かれた相撲協会の理事会は“処分案件”だらけとなった。キャバクラ通いの関取・阿炎(あび)や泥酔する姿がネットで拡散された田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)らの処分が決まった。しかし、式秀部屋の問題は議題にあがらなかった。

 芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「暴力沙汰ではない。うまく調整してくださいということ」と説明。式秀親方を注意するにとどまった。

「おかみさんは協会員でないので処分が下せなかったのだろう。ただ、この騒動こそ、協会が向き合うべき問題のはず。部屋の根幹をなすのはおかみさんといってもいい。かつておかみさんと弟子がデキてしまって人間関係の崩壊した部屋はいくつもある。今回の泥酔問題の田子ノ浦親方も昨年、おかみさんと弟子の不倫疑惑が報じられ、離婚が明らかになった。しっかり切り盛りするおかみさんがいてこそ、部屋の運営は安定し、弟子が順調に育って関取が輩出されていく」(ベテラン記者)

 おかみさんの仕事は多岐にわたる。本場所で負けた力士を励まし、勝ち越した力士を褒めてやる。夜中に弟子が熱を出せば病院まで車を走らせる。

「かつて中野にあったガチンコで知られる部屋のおかみさんは、力士がおかしな相撲を取ると大部屋の黒板に“自分に恥ずかしくない相撲を取ってください”と大書して、部屋の空気を引き締めていた」(前出・協会関係者)

 毎日の食費が2万〜3万円かかるのはざらで、米を1日10升(100合)炊く部屋もあるので、買い出しには若い力士を荷物持ちとして引き連れる。

 差し入れの礼状を送り、タニマチとの連絡窓口にもなる。部屋の経理責任者を任されることも多い。

 部屋を会社にたとえるなら、親方が“社長兼事業責任者”で、おかみさんは“副社長兼管理責任者”というところだが、世間的には「主婦」という立場。そんな矛盾が今回の式秀部屋のような問題を引き起こす遠因にある。

 にもかかわらず、協会の対応は及び腰に見える。

「執行部の親方衆も、おかみさん問題ではスネに傷があるからではないか。八角理事長(元横綱・北勝海)や横綱・鶴竜の移籍した部屋の陸奥親方(元大関・霧島)は離婚経験者。若貴兄弟の父親で師匠だった二子山親方(元大関・貴ノ花)も憲子夫人と熟年離婚したし、角界で例を挙げればきりがない」(同前)

※週刊ポスト2020年8月28日号

関連記事(外部サイト)