【アメリカ発】NFLは次から次へと自らの墓穴を掘っている

【アメリカ発】NFLは次から次へと自らの墓穴を掘っている

3年前に始まった選手たちの抗議の膝立ては、今年再び広がっている(AFP=時事)

 世界最大のスポーツ・エンターテインメントと称されることもあるNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)は、他のプロスポーツ同様、コロナ禍で苦しいシーズンを迎えている。シーズン前には、選手とリーグが「コロナ補償」をめぐって対立し、ファンを辟易させる場面もあった。さらに、全米を巻き込んだBLM(黒人の命は大切)運動への選手の姿勢をめぐっても議論が起きた。政治・国際問題に詳しいジャーナリストのPeter Skurkiss氏が、このままではNFLは衰退すると警告する。

 * * *
 NFLは、観客動員、視聴率、収入の3本柱が弱体化して危機に瀕している。全体的に見れば、NFLはすでに繁栄のピークを過ぎており、今後は夢のように発展することはなく、リーグの重要性は薄れていくだろう。

 目下の不調の根底にあるのはコロナ問題だ。その世界的流行に対応して、NLFの試合は今後も無観客か、それに近い状態で行われる。大学のフットボールリーグでも、秋シーズンを中止するところが出ている。現在までのところ、NFLでのコロナウイルス感染者は突発的に発生しているだけだが、予断は許さない。専門家の言うように、このウイルスの感染力が非常に強力なら、NFLは大打撃を受けるだろう。そして、選手、コーチ、サポートスタッフにどのように補償するか、あるいは補償すべきかどうかの議論が起きるはずだ。

 では、来シーズンはどうなるだろうか。コロナ禍で、人々は娯楽に自由に使えるお金が減った。ゲームを見に行けば、チケット代から駐車料金、飲食代などでとことん搾り取られるというシステムに戻ると期待するのは難しいだろう。多くのファンは、「ゲーム・デイ体験」をあきらめて、もっと価値のあるものにお金を使うように変化するのではないか。

 NFLにとってもうひとつの懸念が、同リーグの説教じみた左傾化に憤慨している多くのファンの声だ。これは観客動員だけでなく、テレビ視聴率にも影響するだろう。NFLの「覚醒」とBlack Lives Matter(「黒人の命は大切」運動)の支持によって、どれくらいのファンが疎外感を抱いているかは難しいが、影響は小さくないと思う。あまりにリーグが左傾化すると、娯楽としてのスポーツより自分の信条を守ることを望むという勢力が台頭してくる可能性がある。

 視聴率が低下すれば、広告主も手を引いてリーグの収益はさらに悪化するだろう。そうなった時、各チームはどのようにして、パトリック・マホームズ(4500万ドル)、アーロン・ロジャース(1050万ドル)、フリオ・ジョーンズ(2200万ドル)、アマリ・クーパー(2000万ドル)といったスター選手たちの常軌を逸した給料を支払うのだろうか。

 さらに人口統計もNFLの衰退要因である。簡単に言えば、若い世代は年長者ほどこのスポーツを愛していない。彼らにとっては、CMが延々と続き、プレーを中断させる反則が多発する試合は退屈だ。それなのに、貪欲なNFLは、日曜には時間帯をズラして複数の試合を提供し、さらに月曜と木曜の夜に試合を組む。これではお腹いっぱいだ。これだけの試合を受け入れてくれるのは、よほど熱狂的なファンだけだろう。

 NFLを擁護する人たちは、コロナ問題が終息すれば来シーズンには元の隆盛に戻ると主張するだろう。しかし、リーグの混乱のなかでないがしろにされてきたファンがスタジアムに戻ることはないだろうし、ミレニアル世代が突然プロフットボールに熱狂することもないだろう。2021年には、人々がスタジアムに押しかけてグッズを買うためにお金を使い果たす光景もないだろう。

 そして、2020シーズンのテレビ視聴率が落ち込めば、来シーズンそれを取り戻すことは難しいだろう。ファンの習慣が変わってしまうからだ。多くのファンはNFLの試合を習慣的に見ていた。日曜だから中継を見る、月曜の夜も同様に見る。この習慣化は、おそらく1960年代か1970年代からゆっくりと浸透したものだが、その習慣を1シーズンでもやめてしまうと、多くのファンの目からうろこが落ちる。そうすれば、なぜ日曜に5時間もフットボールを観戦していたのか不思議に思うだろう。いったん習慣が失われれば、元に戻すことはもはやできない。

(この記事は「American Thinker」の許諾のもと同サイトの記事を翻訳・要約したものです)
American Thinker :月間ユニークユーザー300万人を誇るアメリカの保守系ニュースサイト。各界の専門家やジャーナリスト・作家の寄稿を中心とし、エリート層の読者が多いことで知られる。

関連記事(外部サイト)