宇野昌磨が語る「ゲームは遊び、スケートは呼吸」

宇野昌磨の「スマブラ」の腕前にプロゲーマーが太鼓判 宇野「ゲームは遊び」

記事まとめ

  • 宇野昌磨の「スマブラ」の腕前はプロゲーマーも太鼓判を押すほどだという
  • プロゲーマー・すいのこ氏は、宇野にフィギュアとゲームの影響について質問した
  • 宇野は、かける時間が違いすぎるため、ゲームではトップに立てないと語っている

宇野昌磨が語る「ゲームは遊び、スケートは呼吸」

宇野昌磨が語る「ゲームは遊び、スケートは呼吸」

スケートは「息をしているのと同じ」と語る宇野(時事通信フォト)

 任天堂が発売する『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(以下スマブラ)』は、全世界で1500万本以上を売り上げた“世界で最も売れている格闘ゲーム”だ。このゲームにハマっている一人に、フィギュアスケート平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨がいる。宇野の腕前はプロゲーマーも太鼓判を押すほどだ。アスリートとして大成する秘訣と、ゲームが強くなる方法に関係性はあるのか。宇野が「最も好きなプレイヤー」として名を挙げたスマブラプレイヤー・しょーぐん氏を招いて、『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』の著者でプロゲーマー・すいのこ氏が話を聞いた。

 * * *
すいのこ:フィギュアスケートとゲームという2つの物事に取り組む中で、片方がもう片方に影響を与えたりしたことはありますか?

宇野昌磨:ゲームの経験がフィギュアスケートに与えた影響は……正直、ないです。スケートに関しては上のほうに行けたという経験のおかげで自信が持てますから、自分の取り組みが間違っているって思ったことはないし、仮に間違っていたとしても何かに繋がると思っています。

すいのこ:では、逆に「フィギュアスケートからゲームへの影響」はいかがでしょう?

宇野:ゲームでは上位層にすら辿り着けていないので、自分の取り組みが正しいのか自信が持てていません。スケートの考えをゲームに活かしたらもっと上手くなれるのかなとか思うんですが、そもそもスケートとゲームではかける時間が違いすぎて、トップには立てないなという結論になって諦めてしまう自分がいます。

すいのこ:フィギュアスケートとゲームで向き合い方にどんな違いがありますか?

宇野:ゲームは好きでやっている。スケートも好きではあるのですが、それ以上に僕にとっては息をしているのと同じなんですよ。滑ることが当たり前のことなんで。ゲームはやりたくなかったらやらなければいいけど、その程度の思いじゃゲームでトップに立つのは難しいのかなって思います。だから「トップに立てないならやる意味ないじゃん」って急に辞めることもあります。僕にとって「ゲームは遊び、スケートは呼吸」です。

 ただ、僕はプロゲーマーの方々を本当に尊敬しているんです。フィギュアスケートって、体格も関係するし、他にも色々な障壁があって、競技人口が少ないんですよね。それに比べると、ゲームは体格差が関係ないし、気軽に始めることが出来るし、準備するものが少ないから競技人口が圧倒的に多い。競争が明らかに激しいですから。

「スマブラのためなら全国どこでも行きますよ」

すいのこ:最近、オフの時間を生かしてYouTubeチャンネル『宇野昌磨アップロードチャンネル』で活動したり、ゲーマーとの対戦企画を行ったりしていますが、それ以外の時間は何をされているんですか?

宇野:外に出たいっていう意欲が全然湧かなくて。食にもそこまで興味がないので外食に行かないですし。

しょーぐん:最近カラオケに行き始めたと聞きました。週3日ぐらい行っていると別のゲームチャンネルでのインタビューで語っていましたよね?

宇野:2018年頃か2019年頃まで行ったことがなかったんですけどね。今の情勢だとなかなか行けないですけど。よく米津玄師さんの『Lemon』を歌います。流行っている曲を歌うというより、一番ブームが来ているときではなく、ちょっと過ぎ去ったときに歌う。

 コロナが明けても外出を渋ってしまうと思いますが、スマブラのオフ対戦(ネットを介さない、対面して行う対戦)だったら日本のどこでも行きますよ! オンラインで相手の顔が見えない状態よりも、隣に相手がいる状況で対戦するほうが楽しい。

しょーぐん:オンラインとオフラインでは(インターネット回線の影響で)操作感の違いなどがあったりするけど、それ以前に直接会って対戦する方が単純に楽しい。コロナウイルスの騒動だったり、本業のフィギュアスケートでこれから忙しくなったりで大変ですが、一回はどこかで直接お会いしたいですね。

宇野:これからシーズンが始まってしまうので来年以降になってしまうと思いますが、スマブラってゲームは来年も残っていると思うので、色々落ち着いたら来年こそはお邪魔したいと思います。

※YouTubeチャンネル『すいのこチャンネル』にて2020年8月25日に配信された内容より再構成。

◆聞き手/すいのこ・1990年、鹿児島県生まれ。プロゲーマー。本名・桑元康平。鹿児島大学大学院で焼酎製造学を専攻。卒業後、大手焼酎メーカー勤務を経て2019年5月より、eスポーツのイベント運営等を行うウェルプレイド株式会社のスポンサードを受け「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのプロ選手として活動開始。近著に『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』。

関連記事(外部サイト)