高橋尚子 支えとなった高校陸上部監督からの3つの言葉

高橋尚子 支えとなった高校陸上部監督からの3つの言葉

シドニー五輪では2時間23分14秒のオリンピックレコード(当時)で優勝。笑顔でゴールテープを切った

 2000年のシドニー五輪で、陸上競技としては64年ぶり、日本女子初の金メダルを獲得した高橋尚子(48才)。彼女が陸上と出会ったのは、岐阜市立藍川東中学に入学したときのこと。中学2年生のときに岐阜県大会で優勝した彼女は、スポーツ強豪校である県立岐阜商業高校に推薦で入学。陸上部の監督だった中澤正仁さんの言葉が、その後の自分を支える言葉になったという。高橋が当時を振り返る。

 * * *
 中澤先生は、山梨学院大学在学中に箱根駅伝を走った経験のあるかたで、たくさんのことを教わりました。なかでも、3つの言葉はいまでも座右の銘になっています。1つ目は『何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く』。2つ目は『疾風に勁草を知る』。3つ目は『丸い月夜も一夜だけ』。

 1つ目は、高2のときに、初めて全国都道府県対抗女子駅伝に選ばれたのですが、そのとき、私はエース区間でもない2区を走って、区間順位は47人中45位だったんです。決して強い選手ではありませんでした。

 それ以後も、きつい練習をしてきたのに結果が出なくて、「この練習が力になるのだろうか」と不安になることや、逃げだしたくなることもありました。でもそのときにこの言葉を思い出し、「いまはがまんして地にしっかり根をはるとき。この練習は無駄じゃない」と、何百回、何千回と繰り返し口にして、心を切り替えてきました。

 2つ目は、「困難に直面したときに強さがわかる」という意味の漢語で、先生からは、「強い風の日こそ強い木がわかる、大きな木は一見、強そうに見えても、強い風が吹くと折れてしまう。だから、笹や竹のように、しなやかで臨機応変に対応できる人になりなさい」と、教えていただきました。

 大会に出るといろいろとハプニングが起きます。忘れられないのは1998年にバンコクで開かれたアジア大会。朝6時半のスタートで、午前3時くらいから朝食の予定でしたが、朝ご飯が届かなかったんです! 「これからマラソンを走るのに、朝食がない!」と驚きましたが、そのときにこの言葉を思い出して、「ご飯が届かなかったからといって、日の丸をつけて走れないわけではない。こういうときこそ、真の強さがわかる」と思ったんです。

 さらに悪いことに、この大会は12月に行われたにもかかわらず、気温が35℃以上、湿度が90%もありました。報道陣からも「暑いですけど、大丈夫ですか?」と聞かれて不安にもなりました。

 でもよく考えたら、雨が降って涼しくなるかもしれない。日も照らないかもしれない。先はわからないわけです。だから、“不安になる時間があるなら腹筋を50回した方が力になる”と思い、積み重ねてきました。そのおかげか2時間21分47秒のアジア記録(当時)で優勝することができたと思います。

 3つ目は、「いいときがあっても浮かれていてはいけない。優勝して喜んでいても、それはそのときだけ」ということです。この言葉があったおかげで、新記録が出た日は、もちろん喜びましたが、その翌日からは、いつも通りの練習を始めることができました。それも強くなれた一因だと思います。

【プロフィール】
高橋尚子(たかはし・なおこ)/1972年5月6日生まれ、岐阜県出身。中学1年生で本格的に陸上競技を始め、県立岐阜商業、大阪学院大学を経て、実業団・リクルート入り。1998年に名古屋国際女子マラソンで初優勝して以来、マラソン6連勝を果たす。2000年、シドニー五輪では陸上競技としては64年ぶり、日本女子初の金メダルを獲得し、同年、国民栄誉賞を受賞。2001年、ベルリンマラソンでは2時間19分46秒の世界記録(当時)を樹立。2008年10月に現役引退後はスポーツキャスター、マラソン解説者などで活躍している。

写真/共同通信社

※女性セブン2020年10月22日号

関連記事(外部サイト)