瀬戸大也が不倫で契約解除 企業が許す/許さないの境界線は

瀬戸大也が不倫で契約解除 企業が許す/許さないの境界線は

金メダルを獲れば許される?(時事通信フォト)

 日本水泳連盟から年内活動停止処分を下され、瀬戸大也(26)が崖っぷちに追いこまれている。東京五輪競泳の金メダル候補は、不倫スキャンダルで所属先のANAから契約を解除され、「インセンティブも含めれば年1億円近くあったといわれる活動費を失った」(五輪担当記者)という状況だ。

 企業との契約はプロアスリートの選手生命を左右する問題だ。ただ、瀬戸の場合、“本業”の成績が振るわなかったわけではない。

「企業が大切にするのは“イメージ”。不祥事への厳しい対処はこの世界の常識になっている」(同前)

 瀬戸をはるかに凌ぐ名声を手にしていたゴルフのタイガー・ウッズの不倫、セックス依存症スキャンダルが2009年に発覚した時のことを見てもそれは明らかだ。当時、ウッズには年8000万ドルのスポンサー契約収入があったとされる。

「ほとんどが蜘蛛の子を散らすように逃げていった。オフィシャル・スポンサー12社のうち、高級時計タグ・ホイヤー、コンサル大手アクセンチュア、通信大手のAT&Tなど名だたる企業との契約は相次いで打ち切りに。

 ただ、スポーツメーカーのナイキは変わらずウッズを支え続けた。2011年には、日本の興和が、鎮痛消炎薬『バンテリンコーワ』のCMにウッズを起用し“スキャンダル後、初のスポンサー契約”として話題になった」(スポーツビジネスに詳しい経営コンサルタント)

 スポーツ選手の不祥事への反応は企業によって分かれるが、「許す/許さない」の境界線は一体どこにあるのか。

「ナイキがスポーツメーカーであるのに対しアクセンチュアなどは、スポーツとは無関係の企業。前者は競技の実績、後者はイメージを重視するという傾向はある。当然、企業トップの考え方も関係してきます。

 ナイキ創業者のフィル・ナイト氏はウッズの不倫騒動を『小さな問題にしか過ぎない』と一蹴。2005年のマスターズでボールがカップのふちで一瞬止まり、ナイキのロゴが大写しになってからコロリとカップインした“伝説のチップインバーディ”の宣伝効果など、それまでの実績が考慮された部分もあるだろう。スキャンダル後のスランプ時も、年1000万ドル以上の契約が続いていたという話もある」(同前)

 ウッズが昨年のマスターズ優勝で奇跡の復活を遂げた際、彼を支え続けたスポンサーに称賛の声が集まった。ナイキの株価は上昇し、約25億円の宣伝効果があったと言われる。

 瀬戸大也にも、“心意気”あるスポンサーが名乗り出るか。

※週刊ポスト2020年10月30日号

関連記事(外部サイト)