ドラフトの隠し球 東洋「第4の男」、「伊藤智仁級」右腕も

ドラフトの隠し球 東洋「第4の男」、「伊藤智仁級」右腕も

「社会人左腕ナンバーワン」の呼び声高いENEOSの藤井聖(撮影/藤岡雅樹)

 10月26日に開催される今年のプロ野球ドラフト会議は、東京六大学の“ドクターK”こと早稲田大学・早川驪v投手、慶應大学進学から一転プロに進路を変えた“高校No.1”中京大中京・高橋宏斗投手ら、1位指名確実の投手たちの争奪戦が注目されている。だが、そのほかにも“隠し球”はいる。アマチュア野球の現場取材が長いスポーツライターの矢崎良一氏が、独自の視点で気になる投手をピックアップした。

 * * *
 社会人野球屈指の名門ENEOS。その主力選手の一人、藤井聖投手はキャラクターがやや地味なのか、スポーツ紙や野球雑誌のドラフト企画などで取り上げられることは少ない。

 だが、現場で聞けば、「今年の社会人の左腕ではNo.1」と言われる実力派だ。

 大卒社会人のドラフト候補、とくに投手の場合、大学時代からすでにプロの注目を集めながら、「何か足りない」と指名を見送られ、社会人の2年間でスケールアップし再び指名を待つというケースが多い。今年なら、1位指名確実と言われている栗林良吏投手(トヨタ自動車)がこれに当てはまる。

 だが藤井の経歴はエリートコースとは程遠く、東洋大学時代も「どこにいたの?」という存在だった。

大学では「第4の男」が社会人デビュー

 それもそのはず、同学年に上茶谷大河(DeNA)、甲斐野央(ソフトバンク)、梅津晃大(中日)という豪華すぎる“三枚看板”がいた。いずれも下級生の頃から注目を集める折り紙付きのドラフト1位候補。彼らの陰に隠れ藤井は4年間未勝利。公式戦で登板はあっても、すべて短いイニングのリリーフだった。

 それでも入学以来少しずつ上がっていたストレートの球速が、4年生の時に150kmに到達。「決まった時のボールは凄い」と潜在能力の高さは評価されていた。貴重な左投手ということもあり、卒業後の進路はENEOSが早くから採用内定を出していたという。

 大学時代とは対照的に絶対的なエース不在というチーム事情もあり、ENEOSでは1年目の春から都市対抗予選など大事な試合でどんどん起用された。使われて開花し、開花したからますます出番が増えていく。

 藤井をよく知るアマ野球の指導者は、「不器用な投手」と表現する。「いつも全力で投げている」と。それゆえ大学時代は、“決まった時”は凄いが、安定感がなく、自滅してしまうことも多かった。

 そして、「真面目な性格なので、コツコツ努力する。大学4年間、社会人2年間と積み重ねてきたものが、年輪みたいに力になっていったのでは」と開花の要因を分析する。

 また、東洋大時代のチームメイトは、「真面目だけど、度胸がありました。チームの飲み会で『何か一芸やれ』と言われたら、すぐパッとやれちゃうような」と性格面の要素を指摘する。確かにピッチングも思い切りが良い。ピンチを背負うと、「打てるもんなら打ってみろ」とばかりに力でねじ伏せに行く。そこで自滅しないだけの制球力が今は身についている。

 かつて社会人野球が隆盛の頃、全国で200を越える企業チームが活動していた時代には、こうしたいわゆる“社会人デビュー”は珍しくなかった。

 社会人と大学はよく練習試合が組まれている。大学でレギュラーやエース級でなくても、たまたま練習試合に起用されて活躍し、見いだされて社会人に採用され、そこで急成長しプロ入りを果たす。そんな選手がよくいた。だが近年はチーム数の減少により社会人野球も狭き門となり、どこのチームも、実績を残した“出来上がった”選手しか採用する余裕がない。

 そのため、藤井のようにチャンスがあれば伸びる可能性を持っていても、受け入れてくれるチームがないために諦めざるを得ない選手も多くなっている。そんな時代に、藤井の急成長は、社会人野球のリクルートのあり方を見直す機会にもなるだろう。

 各球団が上位指名の候補としてピックアップする十数名のリストの中に、藤井の名前はもれなく入っている。左腕はどこの球団もほしい。まして、先発でもリリーフでも使い勝手が良いとなれば尚更だ。

 ひょっとすると、「1位」の可能性もありそうだ。さすがに一発目の入札は考えにくいが、競合してクジに外れたチームが再びハズレ1位でも指名が重なり、そこでも外れた場合、“ハズレハズレ1位”の選択を迫られる。

 1位指名が9人10人と確定していく中で、リストに残った選手を天秤に掛けた時、「即戦力左腕」の優先度は高い。とくにウェーバーで指名順位が後ろになる球団は、そこで見送ってしまうと2位まで残っているかは微妙なだけに、「1位で獲ってしまえ」という判断になる。

 大学時代に見上げていた3人と、2年遅れで、初めて同じ高みに登っていく藤井。もし東洋大のような層の厚いチームにいなければ、もっと早く開花することが出来たのでは? 取材でそんな質問を受けた藤井は、こう答えたという。

「彼らと同じチームにいたからこそ、ここまで来られたと思います。“負けたくない”という気持ちでやって来ましたから」

悩むスカウト「身体が万全なら2桁勝てる」

 東海大学のエース山崎伊織投手は、「故障がなければ、今年の目玉選手の一人だった」とどのスカウトも口にする。1位指名は確実で、重複もありえた。

 MAX153kmのストレートに加え、スライダー、カットボールと変化球も一級品。高校時代は兵庫・明石商で吉高壮(日体大)と「ダブルエース」と呼ばれ注目されたが、ベスト8に進出した2016年センバツ甲子園は登板なし。その時点では背番号1番をつけMAX146kmを記録した吉高が一歩先行していた。それでも、「将来性では山崎」という声も多かった。

 東海大進学後、高校時代からの右肘故障の影響でスタートは出遅れたが、2年生の春から台頭。3年時には春秋のリーグ戦でMVPを受賞する活躍を見せ、大学JAPANにも選出されている。

 しかし3年生の秋に再び右肘を故障。当初はヤンキース田中将大が肘の故障の際に取り入れたことで日本でも知られるようになった治療法であるPRP注射での回復を目指していたが、なかなか痛みが引かず、肘にメスを入れるトミー・ジョン手術を決断する。

 この故障については、山崎が“凄い”投手であるがゆえに抱えた問題という見方もある。首都リーグを観戦し山崎を何度も取材しているスポーツライターはこう話している。

「投げる技術や球の質が一級品なのに対して、身体の線が細すぎて、自分の動きに耐えられない。だから故障を繰り返すのではないでしょうか」

 快速球を生み出すしなりすぎる腕が、同時に、肘に負担を掛けてしまう。山崎のスライダーを「伊藤智仁(元ヤクルト)級」と絶賛したスカウトがいたが、故障と背中合わせというところまで本家と似てしまった。

 山崎は現在もまだボールを握ることはなく、リハビリとトレーニングの毎日。トミー・ジョン手術は完全復帰まで一年以上を要するだけに、もはや大学での登板は諦めるしかない。そのため目標としていたプロ入りを凍結し、社会人入りが内定していた。

 ところが一転、ドラフトが直前に迫った10月になってプロ入りの意思を表明。プロ志望届を提出した。突然の進路変更の理由は、同じように右肘痛で苦しんでいたチームメイトのドラフト候補・小郷賢人投手が、復帰を果たしプロ入りを目指している姿に強い刺激を受けたからだという。

「身体が万全ならプロで2桁勝てる」と評価される逸材だけに、スカウト陣も一気に色めき立った。

 とはいえ、少なくとも来年は戦力として計算できない。回復具合にもよるが、本当の意味で完治と呼べるようになるのは、2〜3年先のことかもしれない。そうなると、現状の戦力に余裕のある球団でなければなかなか手を出しにくくなってくる。当然、手を引く球団も出てくるだろう。場合によっては、指名漏れということもないとは限らない。

 なかには「どこか特定の球団と密約があるのでは。そうでなければ、この段階での志望届提出は不自然」と訝るスカウトもいる。だが、プロ志望届を出した以上は12球団すべてに指名する権利があるわけで、欲しければ指名して権利を得るしかない。

 獲得を狙う球団は、様々なリスクを考えると、「少しでも下位で指名したい」というのが本音のはず。だが、おっとり構えていて他球団に先に指名されてしまったのでは実も蓋もない。逆に、事前に「獲るぞ」と煽っておいて、他球団に上位指名の枠を使わせてしまうという駆け引きもあるだろう。

 そうした様々な要素が絡み合った結果として、2位3位といった上位に浮上することも十分考えられる。あるスカウトはこう言っていた。

「山崎の良い時のピッチングを見ていますからね。どうする? と聞かれたら、そりゃ『獲りましょう』と言いますよ」

 どこの球団が、どんな順位で指名してくるにしても、水面下の駆け引きはギリギリまで続くはずだ。

トミー・ジョン手術は復帰が前提

 また、山崎とはケースが違うが、故障が指名順位に影響を与えそうな選手は他にもいる。2016年選抜甲子園の優勝投手で、右前腕肉離れで秋のシーズンを棒に振った東洋大学の村上頌樹投手。また、3月に右肘クリーニング手術を受け復活途上の秋のリーグ戦で156kmを記録した亜大の平内龍太投手。いずれも山崎同様、万全であれば1位指名が有力視されていた投手たちだ。

 そして、ドラフトまで1週間となった10月19日、プロ志望届を提出し指名を待っていた慶大・佐藤宏樹投手が、直前にトミー・ジョン手術を行っていたことが判明した。プロ志望の意思は変わらず、ドラフトで指名があれば、たとえ育成であってもプロ入りするという。

 こうした流れを、プロ側は意外と冷静に受け止めている。

 まず、これまでドラフトの指名選手というのは、高校生は将来性、大学・社会人は即戦力という枠組みがあった。しかし近年、これが変化してきている。

 特に投手については、大学・社会人出身であっても、1年目から一軍でフルに働いて結果を残す本物の“即戦力”は、実際にはなかなかいない。今年でいえば、森下暢仁(広島)くらい。むしろ、1〜2年かけて体力面や技術面で厚みをつけてから一軍の戦力になっている選手が多い。もちろんそこには、故障を完治させ、身体を万全な状態にするという時間も含まれる。

 逆に言えば、大学・社会人出身でも、それだけ待ってもらえる時代なのだ。それ加えて、肘などの故障は、10年前20年前に比べるとはるかに治癒率、修復率が高くなっている。昔はトミー・ジョン手術の後、一軍登板を果たしたら「奇跡の復活」と言われたものだが、今はもう、復帰することが前提の手術になっている。

 アマ野球の関係者からは「最近の選手たちは、メスを入れる(手術をする)ことへ抵抗が少なくなっている」という話を聞く。たしかに今は、SNSを見ればトミー・ジョン手術を経て復活したダルビッシュ有などから直接情報が入ってくるのだから、それも頷ける。

 それはまた、プロ側も手術をした選手を指名することへの不安が昔ほどなくなっている、ということにもなる。手術後、完治に至らない段階の選手の指名も増えている。

「それで評価が下がって下位指名で獲れたら、契約金も安くすみますから、こちらとしては助かる面もある。1年や2年遊ばせておいても、5年後に2桁勝ってくれるんだったら元は取れますから」と、ある球団の関係者は本音を口にしていた。

 さて、各球団は、ガラスのエースを何位で指名しようとしているのだろう?

●やざき・りょういち/1966年山梨県生まれ。出版社勤務を経てスポーツライターに。細かなリサーチと“現場主義”でこれまで数多くのスポーツノンフィクション作品を発表。著書に『元・巨人』(ザ・マサダ)、『松坂世代』(河出書房新社)、『遊撃手論』(PHP研究所)、『PL学園最強世代 あるキャッチャーの人生を追って』(講談社)、近著に『松坂世代、それから』(インプレス)がある。

関連記事(外部サイト)