阪急vs阪神「不動産対決」でタイガースに冷たい六甲おろし

阪急vs阪神「不動産対決」でタイガースに冷たい六甲おろし

阪急が勢いを増す大阪の再開発

 阪急阪神ホールディングスの角和夫・代表取締役会長グループCEOが、スポーツ紙で「けじめが必要」と異例の批判をしたことで、阪神タイガースの揚塩健治・球団社長の辞任に発展した騒動は、タイガースのチーム運営にいよいよ「阪急」が乗り出してくるという観測を呼んでいる。2006年の阪急・阪神の経営統合以来、「阪急はタイガースには関与しない」という不文律がついに崩れるのだろうか。

 そもそも、村上ファンドに買収されかけた阪神を事実上、救済合併した阪急が、「関与しない」とわざわざ譲歩して経営統合した背景には、両者の古くからのライバル関係があった。同じ地域で電鉄会社としてしのぎを削り、野球界でもかつては阪急ブレーブスと阪神タイガースは関西の雄の座を巡って争った。そして、電鉄の基幹事業である不動産開発でも、やはり両者はバチバチ火花を散らす関係だっただけに、阪急側が気を使った形だった。

 特に不動産分野では、もともと不動産を多く所有する阪急が阪神をリードしてきた。その勢いは最近さらに増している。大阪の中心地・梅田では、JR大阪駅の北側、阪急大阪梅田駅の西側に「うめきた」と呼ばれる再開発地区がある。梅田貨物駅跡の24ヘクタールを使った大規模な計画で、阪急はここで商業施設の開発を進めている。また、阪急は新大阪から十三を経由して北梅田を結ぶ新線の事業認可を受けており、JRや南海電鉄が乗り入れるなにわ筋連絡線を利用して関西国際空港までつなぐ新ルートを計画している。「うめきた」開発は、阪急の壮大な拡張計画の屋台骨のひとつでもある。

 その「うめきた」の1期エリアには、阪急が関わる巨大プロジェクト「グランフロント大阪」が完成した。3つのタワーを含む4棟の巨大施設からなり、隣接する駅前の区画には、「ホテル阪急レスパイア大阪」が入るヨドバシ梅田タワーもある。梅田の北エリアでは、阪急が着々と勢力を拡大して街の開発が進んでいる。

 対する阪神関連施設は阪神百貨店を中心に西梅田周辺に固まっているが、阪急ブランドの北からの攻勢にやや押されている印象は拭えない。

 大阪だけではない。阪神電鉄の西の端、神戸・三宮でも阪急ブランドの攻勢が目立つ。阪急神戸三宮駅には、建て替え中の「神戸阪急ビル東館」が2021年春に竣工する。地上29階、高さ120mのタワーで、オフィス、ホテルなどが入る予定になっている。駅舎と一体になった構造で、以前から阪急神戸三宮駅では阪急電車がビルに吸い込まれるように走ることで知られていたが、そのイメージは新ビルでも継承される。

 そこから三宮交差点を挟んで阪神神戸三宮駅がある。駅の上には、かつてそごう神戸店があり、阪神・淡路大震災では一部が損壊し、その後は震災からの復興の象徴として親しまれてきたが、昨年10月からは「神戸阪急」として営業している。ビルの側面には「阪急」の文字が大きく躍り、その下に「阪神電車三宮駅」とある。地元では、いまや復興のシンボルではなく、阪神が阪急の軍門に下った象徴とも言われている。

 神戸港を見下ろす六甲山でも、かつては山頂付近に阪急系列と阪神系列のホテルが並んで競い合っていたが、阪神系の「六甲オリエンタルホテル」は閉鎖され、阪急系の「六甲山ホテル(現在は六甲サイレンスリゾートとして別会社が運営)」が生き残った。阪神系列が運営するスキー場やアスレチック、植物園も阪急阪神HDに飲み込まれてしまった。

 ビジネスに盛衰はつきものではあるが、大阪で、神戸で、六甲山で、阪急は阪神の牙城を揺り動かしているように見える。そしてついに阪神最大のブランドともいえるタイガースも阪急に飲み込まれるのか……。「阪急の山」となった六甲山から吹き降ろす六甲おろしがタイガースファンの身に沁みる冬になるかもしれない。

『週刊ポスト』(11月6日発売号)では、阪急vs阪神の長きにわたるライバル関係を、様々なエピソード、証言、図解で詳報する。

関連記事(外部サイト)