横綱・大関4人不在の寂しい11月場所の救世主 NHK相撲中継には映らない「お楽しみ抽選会」が大人気

横綱・大関4人不在の寂しい11月場所の救世主 NHK相撲中継には映らない「お楽しみ抽選会」が大人気

弓取式が終わると、呼び出しと親方がおもむろに登場(撮影/雑誌協会)

 白鵬、鶴竜の両横綱不在で始まった大相撲11月場所は、朝乃山と正代の2大関まで途中休場となり、土俵は盛り上がりに欠けている。ただし、観客は先場所に比べて“倍増”した。9月場所は両国国技館(1万1098人収容)の観客数の上限を2500人としていたが、今場所から5000人に緩和されたからだ。4人席の桝席に1人だけが座っていた状態が、2人ずつに変わり、見た目には本場所らしくなってきた。そして、今場所は今までになかった新たな“イベント”も生まれた。打ち出し後に行なわれる「お楽しみ抽選会」だ。

 通常、結びの一番が終わると、弓取式が行なわれ、打ち出しとなる。午後6時で放送終了するNHKの相撲中継で映るのはここまでだが、今場所は、その後に若手親方や呼び出しが土俵周りに集まってくる。

 呼び出しのひとりがマイクを持って、「お楽しみ抽選会を行ないます。席を立たないでくださいね。人気力士の直筆の手形、グッズなどが入ったお楽しみ袋をプレゼントします」とアナウンス。

 このイベントには、退場時の「密」を避ける狙いがあるという。くじ引きの当選者は座席番号で発表されるが、まず正面の席から5人、続いて向正面、西、東から各5人と時間帯を分けて抽選することで、5000人に増えた観客が自然と“分散退場”するというわけだ。

 マイクを持った呼び出しは、「時差をもって退場いただく間、飽きないようにするためのお楽しみ抽選会です。絶対に喜んでもらえる商品が当たるので、今しばらくお待ちください」と続ける。土俵周りには、今年3月に引退し、まだ頭に髷が乗っている井筒親方(元関脇・豊ノ島)らの姿もある。

「では、正面からいきます。桝席3列目の15番!」といった声がかかると、客席からは当選者の「は〜い」と喜ぶ声が響く。呼ばれた観客から返事がないと、「不在のようなので引き直します」とアナウンスが流れ、また歓声があがる。取材した日は、5人目の当選者の座席番号が発表され、正面の観客が席を立って帰り始めようとすると、呼ばれた番号が不在。すると、歓声とともに正面の観客がぞろぞろと席に戻り始めた。

 5人目までの抽選が終わると正面の観客たちが退席し、次に向正面の抽選に移る。これを4回繰り返してお開きとなる。当選者はエントランスで景品を手渡されるのだが、ここでも現役を退いたばかりの武隈親方(元大関・豪栄道)や荒汐親方(元前頭・蒼国来)がプレゼンターを務め、国技館に足を運んだ熱心なファンたちに好評だ。

 取組中は大声での応援を控え、力士の四股名がプリントされたタオルを掲げる、あるいは拍手での応援が推奨されていることもあり、むしろ打ち出し後の抽選会イベントのほうが盛り上がっているようにさえ見えた。こうしたファンサービスで、2横綱、2大関が休場してしまうという大きな穴を埋められたなら良いのだが。

関連記事(外部サイト)