8年ぶり日本一目指す巨人 逆シリーズ男・丸の調子はどう?

8年ぶり日本一目指す巨人 逆シリーズ男・丸の調子はどう?

丸佳浩選手はまだ日本一の経験がない(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの影響で開幕延長となったプロ野球では、11月21日からの日本シリーズと都市対抗野球の日程が重なってしまった。そのため、リーグ優勝して2012年以来の日本一を目指す巨人が、今季勝率7割を超える圧倒的な強さを誇った東京ドームで戦えない。代わりに京セラドーム大阪(以下、大阪ドーム)を仮本拠地とすることになったが、今年は交流戦もなかったため、1年半ぶりとなる不慣れな球場だ。

“慣れないホーム”に対応すべく、巨人は日本シリーズの直前に大阪ドームでミニキャンプを張る予定だ。

「投手陣にはマウンドの感覚を、野手陣には人工芝のボールの転がりやフェンスの跳ね返りを入念に確認させるようです。ただしCSで日本シリーズ出場をかけて戦うパ・リーグとは明らかに実戦感覚が違う。勝ち抜いて勢いづいたパの代表と激突するのは大きなハンデでしょう」(スポーツ紙記者)

 不安払拭のためか、原監督はミニキャンプ以外にも“対策”を練っている。そのひとつが三塁コーチの変更だ。

「リーグ優勝を決めた後は後藤孝志コーチに代わり、サードコーチャーを元木大介ヘッドや石井琢朗コーチで試しています。昨年はシリーズ直前に鈴木尚広コーチがスキャンダルで退団し、二軍の村田修一コーチを急遽呼び寄せたため、サイン伝達が上手くいかなかった。そうした“不測の事態”を繰り返さないように万全を期していると思われます」(巨人番記者)

“逆シリーズ男”候補の名前も続々挙がる。

「筆頭は5番打者の丸佳浩(31)でしょう。広島時代を含めて、今年で5年連続のリーグ制覇となりますが、日本一の経験がない。しかも昨年のシリーズでは13打数1安打で打率7分7厘。悪夢が繰り返されなければいいが……」(スポーツ紙デスク)

 強肩捕手・小林誠司(31)の骨折離脱も痛い。

「ソフトバンクは50盗塁の周東佑京(24)、ロッテは和田康士朗(21)や荻野貴司(35)などいずれも俊足揃い。昨年は代走・周東の足にかき回された。

 巨人は打撃優先で代役に大城卓三(27)を起用するとみられる。果たしてパの快足を封じられるのか」(同前)

 はたして原巨人は「本拠地を踏まない日本一」を成し遂げられるのか。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

関連記事(外部サイト)