引退のバド金・高橋「コロナ禍であと1年続けるのは無理」

引退のバド金・高橋「コロナ禍であと1年続けるのは無理」

世界トップクラスの攻撃力を持つ“タカマツ”ペア。息の合った連携プレーでリオ五輪の金メダルに輝く(時事通信フォト)

 リオ五輪で金メダルを獲得し、コンビを組む松友美佐紀選手(28才)とともにタカマツコンビで人気を博し、スキンケアブランド『SK-II』のキャンペーンにも起用された高橋礼華(30才)。東京五輪での連覇も期待されていたが、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の影響で開催が延期になる中、今年8月引退を発表。その会見日が、金メダルを取った日と同じだったことも話題になった。

「引退を決めたのは、コロナ禍で次々と試合が中止になり、外出自粛で練習もままならなかったときです。今年の東京五輪の開催は無理かもしれないという噂が流れる中、もし延期になったら引退しようと考えていました。理由は、30才を区切りにしようと思っていたのと、国内で3番手になっていたので、あと1年続けるのは無理だと思ったから。でも、やり切ったので悔いはありません」(高橋・以下同)

 キッパリと、清々しい表情で高橋はそう語る。そんな彼女がバドミントンと出合ったのは6才のときだ。

「母がママさんバドミントンをやっていて、それについて行っていた私と2つ下の妹(日本代表の高橋沙也加選手・28才)は、自然とラケットを握るようになりました。最初は楽しいだけでしたが、小学4年生のときに初出場した全国大会でいきなり優勝して、『私、バドミントンなら強くなれるかもしれない。強くなりたい!』と思ったのです」

 そんな強い思いで親元の奈良県を離れ、宮城県仙台市にあるバドミントンの強豪校である聖ウルスラ学院英智中学校(以下、ウルスラ)へ。

「中学進学の時点で、数校から声をかけてもらっていましたが、中高一貫教育だったのと、当時、ものすごく強かった平山優さん(現・日本ユニシス実業団女子バドミントンコーチ)がいたので一緒に練習したいと思い、ウルスラに決めました。両親は仙台行きを賛成してくれましたが、父からは『覚悟して行くねんから(中高)6年間しっかりやれ。お前が泣いて帰ってくるところはない』と突き放されて、私も覚悟を決めました」

 意気揚々とウルスラの門をくぐった彼女だったが、入学早々に椎間板ヘルニアを患い、約3か月、静養することになってしまう。

「仙台まで来て私は何をしているんだろうと落ち込みました。練習にも参加できないまま1か月半くらい経ち、焦る気持ちもありましたが、あるとき、『こんなふうにクヨクヨしていても仕方がない。いまは何もできないんだから、けがを治すことに専念しよう。しっかり体を休めて、治ったら全力で練習しよう』と考えを変えたんです。それには毎日元気づけてくれた同級生やコーチの励ましが大きかったですね」

 苦しいときも調子のいいときも、ふだんの自分を見失わず、常に前向きに考える。いつもの自分を見失わないことが大事だと気づいたことで、焦る気持ちもなくなり、そこから1か月半で回復。練習復帰を果たす。

「ただ、その後の練習は想像以上にハードなものでした。毎年、夏に行われる4日間の山合宿では、バドミントン部なのに、1日20kmのランニングをするんです。蔵王山(標高1841m)を上ったり下ったり。午前と午後に3kmを3本ずつ。その後、坂道ダッシュを何本か。1年生のときは病気明けで、私は本格的に参加できませんでしたが、参加できるようになった2年目以降は本当にキツかったですね。

 練習しながら『これだけキツい練習をして結果が出なかったら、先生のせいにしてやる!』と思っていましたが、結果が出るんですよね、これが(笑い)」

 病を克服し、この過酷な練習を耐え抜いたことで、何よりメンタルの強さと最後までやりきる力を培うことができた、と微笑む。誰しも不本意な状況に陥ることはあるが、その状況を受け入れ、前を向けるかどうかで、先の展開は大きく変わる。

【プロフィール】
高橋礼華(たかはし・あやか)/1990年4月19日生まれ、奈良県出身。6才からバドミントンを始める。中学で親元を離れ、中高一貫の聖ウルスラ学院英智中学校へ進学。高校時代に後輩の松友美佐紀選手とペアを組み、インターハイ団体、ダブルスで優勝を果たす。2009年、日本ユニシスに入社し、2014年、ヨネックスオープンジャパンで松友選手とともに女子ダブルスで日本人初優勝。世界ランキング1位に。2016年、リオ五輪で金メダル獲得。2020年8月に現役引退。後進の指導やバドミントンの魅力を伝える活動をしている。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2020年12月3日号

関連記事(外部サイト)