穴党作家、投入金額が多い騎手の「成績一覧」から知ったこと

穴党作家、投入金額が多い騎手の「成績一覧」から知ったこと

データと向き合うことで意外な発見も

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家で、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、騎手頼みになりすぎて失敗する馬券購入についてお届けする。

 * * *
 前回(『週刊ポスト』2020年11月20日号掲載)、Club JRA-Netの「騎手別成績一覧」を久しぶりに見て、ある有力騎手との相性の悪さに驚いたのだった。的中率、回収率が他の騎手と比べて極端に低い。自分の馬券ベタのせいに決まってはいるが、「この騎手、乗れてないんじゃない?」と八つ当たりし、反省した。

 その流れで成績一覧をじっと眺めたのだった。やはり相性はあるんじゃなかろうか。37回買って的中ゼロって騎手もいるし。

 いや、相性というより、自分の騎手への嗜好がわかるのである。

「こうした客観的データは、受け取る人間のセンスでゴミにも宝にもなる」と大学教授が言っていた(娘のリモート講義が耳に入ったのです)。データはネット競馬の賜物だ。ゴミにしてなるものか。

 一覧表は上から投入金額の多い順に騎手名が並んでいる。田辺、松山、浜中、福永、幸がベスト5。続いて和田竜、ルメール、北村宏、戸崎、川田。以上がベスト10だ。

 これはすなわち「須藤贔屓の騎手ランキング」。自分はそこそこの穴党だと思ってはいたが、人気どころの手綱に頼っているのだった。

 各騎手の回収率はもちろん、購入レース数と的中レース数も明示されている。「おや」と思ったのは浜中騎手と和田竜騎手の差。購入数は113と107。しかし的中は浜中23回で和田竜は10回。回収率では浜中94%に対して和田竜は51%。開きがある。どちらの騎手にも良いイメージがあり、同程度の贔屓筋なのに。データを見なければ気づかなかった。

 ゴミか宝か。「たまたまだろ」なんて切り捨てるようではゴミ収集車にダイビングだ。107回買って97回スカってんだから、きっと片思いなんだろう。

 いやいや、そうじゃない。「中穴に和田竜が跨るぞ。こいつは狙い目だ!」と気持ちが弾けた結果なのである。

 たとえば、最近凝っている「ワイド6点買い」。軸には勝てそうな馬を据え、穴もまじえて6点ヒモをつけるのだが、軸馬に迷うことがままある。このときにそれほど深く検討せずに、「和田竜が巧く乗るだろう」と軸に据えていたのだった。

 マイランキングの上位20位以内の回収率を見ると、100%超えは松山、幸、池添、横山武、北村友。一方で低いのは北村宏30%、武豊33%、M・デムーロ2%。ランキングは100位まであるから、20位以内は贔屓筋なのである。

 名手がなんとかしてくれる。データはそんな甘い考えに冷水をぶっかける。贔屓頼みを猛省すれば、「騎手別成績一覧」は宝の山になる……かもしれない。

 開く財布は自分のもの。嗜好は大事である。だがそこで思考を止めず、きちんと馬を見極めたい。

【プロフィール】
須藤靖貴(すどう・やすたか)/1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

関連記事(外部サイト)