歴代名馬が今年のジャパンカップに出たら…妄想レース実施

歴代名馬が今年のジャパンカップに出たら…妄想レース実施

週刊ポスト読者が選ぶもう1度観たい競走馬とは?(写真はナリタブライアン。時事通信フォト)

 三冠馬が3頭揃う「奇跡のドリームレース」となった今年のジャパンカップ。歴代最多GI8勝のアーモンドアイは2枠2番、史上初の無敗の牝馬三冠を達成したデアリングタクトは3枠5番、3頭目となる無敗でのクラシック三冠達成のコントレイルは4枠6番に入った。

 今年のJCはまさに現役最強馬を決める一戦となった。では、歴代の名馬と比べるとなればどうか。

 本誌・週刊ポスト読者800人に「もう一度その走りが見たい競走馬」アンケートを実施。その結果、第1位ディープインパクト、第2位オグリキャップ、第3位キタサンブラック、第4位サイレンススズカ、第5位ナリタブライアンという結果となった。史上最強といわれたサラブレッドや社会現象となったアイドル馬が並んだ。

 名前が挙がった歴代の名馬がもし今年のJCに出走したらどうなるか──もちろん、時代とともに血統や調教施設が進化し、レース数の増加やコース整備などが進んだため一概には強さを測れないが、競馬ファンなら誰もが「あの馬が最強のはず」との思いがあるのではないか。ここでは平成以降の競走馬を取り上げていこう。

 専門家たちが「歴代ナンバーワン」と口を揃えるのは読者アンケートでも1位となったディープインパクトだ。

「今年のJCに出てきたとしても、他を圧倒するでしょう。道中で2〜3番手につけるアーモンドアイがいて、それをマークする形で少し後ろにコントレイルがいる。後方にはデアリングタクトが待機し、最後方にディープインパクトが位置するはず。最後の直線で武豊騎手をして『飛んでいるようだ』といわしめた末脚で3頭をまとめて差してくれるのではないか」(競馬評論家・阿部幸太郎氏)

 そう話す阿部氏だが、「もう1頭、その争いに参戦してほしい馬」として名前を挙げたのが国民的な人気を博したオグリキャップだ。単なるアイドル馬と侮ってはいけない。

「外国馬が席巻していた時代でありながら、1989年のJCではあわやというクビ差まで迫った。JCという舞台なら、番狂わせを期待させてくれる馬です」(前出・阿部氏)

 その他にも、「オルフェーヴル(アンケート6位)は日本の馬が勝ったことのない仏凱旋門賞で2度も2着に入っている。大舞台での強さは際立っている」(スポーツ紙担当デスク)など“歴代最強”についての議論は尽きない。

 アンケートで4位に挙がったサイレンススズカは1998年の天皇賞(秋)でレース中に故障し安楽死処置となった悲運の名馬。JCへの出走は叶わなかった。

「“異次元の逃亡者”の異名をとった逃げ馬が出走すれば、ペースは間違いなく変わります。JCはサイレンススズカが勝ってきたレースより距離が長いが、競馬ファンからすると、そのまま逃げ切る展開を想像してしまいますね」(元JRAジョッキーでホースコラボレーターの細江純子氏)

※週刊ポスト2020年12月11日号

関連記事(外部サイト)