貴乃花が明かす伝説の優勝決定戦「5倍の痛み止め打った」

貴乃花が明かす伝説の優勝決定戦「5倍の痛み止め打った」

一度は引退を考えた「鬼の形相」優勝決定戦の舞台裏とは(撮影/山崎力夫)

 2001年5月27日、大相撲夏場所千秋楽、右膝を亜脱臼しながら強行出場した貴乃花が武蔵丸との横綱決戦を制した。表彰式で小泉純一郎首相(当時)は「痛みに耐えてよく頑張った。感動した! おめでとう!」と賛辞を送った。勝利の瞬間に見せたあまりに険しい顔は「鬼の形相」「鬼の顔」と形容された。伝説的な優勝決定戦の裏側を、貴乃花が振り返る。

 * * *
 2001年の5月場所で7場所連続休場をすることになる大きなケガをしました。全勝で迎えた14日目の武双山戦で右膝を負傷したのですが、これはこの一番だけが原因ではなくこれまでの蓄積があったからでした。

 実は私の右膝には、若い頃から腰を下ろすと関節が外れるような感覚があったのです。その癖は四股を踏むことで出ないようにしていたのですが、あの一番で膝を強打したことで、関節が外れてしまいました。

 土俵からはひとりで降りましたが、支度部屋へは付け人の肩を借りました。風呂場でトレーナーに膝の関節をはめてもらい、ようやく歩けるようになりました。痛いと感じる暇もありませんでしたが、膝はパンパンに腫れているような感じがしましたね。

 しかし、続く千秋楽の武蔵丸戦を休場する選択はありませんでした。現役晩年という自覚があったし、あのまま休場していたら引退もありましたから。ケガに負けることはできない。這ってでも土俵に上がるしかないという気持ちでした。

「綺麗な引き際」だったかもしれないが……

 翌朝、病院で右膝にたまった血を抜き、痛み止めを打ちました。痛み止めは国技館に向かう直前にもう1回。通常の5倍の量は打ちましたね。

 蹲踞(そんきょ)をした時に右膝の関節が外れやすいので注意しながら土俵入りも無事こなしましたが、本割であっさりと負けてしまった。それで気が入ってしまったのでしょう。決定戦でいつも通り蹲踞をしたものだからカクッと外れてしまいました。塩を取りに行くときに右足が土俵につかないで浮いている。棄権も頭を過りましたが、膝をぐるぐる回しているうちにポコンとはまってくれました。それでなんとか私の取り口が取れたと思います。

 ただ千秋楽が終わってから、どんどん痛みが増してきました。この時「もう相撲は取れない。引退だな」と思ったのは事実です。今考えると、ここで引退していれば師匠はじめ周囲も納得してくれたでしょうし、自分としても綺麗な引き際だったかもしれません。でももう一度土俵に立ちたい思いがあり、半月板を取り除く手術をしました。横綱として、出るからには優勝に絡まないといけない。土俵に上がれる状態になるまでには時間がかかり、マスコミにも騒がれました。休場からの復帰の8場所目になんとか準優勝しましたが、今度は肩を痛めるなど別のケガを負ってしまい、ついに引退を決断しました。

 仮にあの右膝のケガがなくても、あまり変わらない時期に引退していたと思います。22歳で横綱になった時に命がけでやろうと突き進んできたので、30歳を超えてもやれる自信がなかったですね。長く続けることが横綱の使命ではありません。いかに花を咲かせ、いかに散らせるか。自分としては、あのケガを乗り越え、もう一度土俵に立てたことを誇りに思っています。

【プロフィール】
貴乃花光司(たかのはな・こうじ)/1972年生まれ、東京都出身。第65代横綱。引退後は一代年寄・貴乃花を襲名。

※週刊ポスト2020年12月11日号

関連記事(外部サイト)