巨人ウィーラー残留の心強さ ムードメーカー外国人の価値とは

巨人ウィーラー残留の心強さ ムードメーカー外国人の価値とは

ウィーラーの残留が巨人にとっていかに心強いか(日本シリーズ第2戦での本塁打。時事通信フォト)

 日本シリーズで、ソフトバンクに2年連続4連敗と屈辱的な大敗を喫した巨人。惨敗の頂上決戦の中でも2戦目に本塁打を放つなど、唯一気を吐いたウィーラーの残留が12月2日、決定した。

 ウィーラーは開幕直後の6月25日に楽天から池田駿との交換トレードで巨人へ移籍。98試合に出場し、打率2割4分7厘、12本塁打、36打点。得点圏でも2割3分と、成績を残すことはできなかった。推定年俸2億円の外国人として合格点は与えられないだろう。しかし、数字以外の面でウィーラーの果たす役割は大きかったという。野球担当記者が話す。

「明るい性格でムードメーカーでした。チームには、こういう選手が絶対に必要なんです。日本シリーズでも、劣勢でベンチが暗くなる中、ウィーラーはいつものように声を出して、選手を鼓舞していました。日本での実績もありますから、他の外国人にも有効なアドバイスを送れるし、今回の残留はそんな点も考慮されたと思います」(以下同)

 シーズン中も、ウィーラーは献身的に働いた。楽天では『4番・サード』として106本塁打を積み上げたが、巨人ではそのポジションに若き主砲の岡本和真が座っていた。そのため、4年ぶりにレフト、5年ぶりにファーストを守り、8番でのスタメンや途中出場でもハッスルした。

「ファーストのスタメンは来日1年目に1試合だけ、レフトも最近3年は守備に就いていなかった。今シーズンは試合途中からセカンドに就いたこともあった。ベテランの域に入りつつあるウィーラーが文句を言わずに、いつも変わらないテンションでプレーすれば、外国人のみならず、主力や若手にも良い影響が出る。代打では1割4分3厘しか打てていないが、3打席目以降の打率が3割5分を超えている。明らかにスタメンタイプですが、自分の置かれた場所で必死に花を咲かせようとしていた。ソフトバンクに4タテを喰らった事実を考えても、来季もウィーラーが在籍することは巨人にとって心強い。原辰徳監督は30年前を思い出し、残留を願っていたのではないでしょうか」

 巨人にとって日本シリーズ4連敗といえば、1990年の西武との対決が思い起こされる。2位・広島に22ゲームの大差をつけて優勝したものの、まさかのストレート負け。選手会長の岡崎郁が「野球観が変わった」と言うほどチームに衝撃が走った。翌年、巨人はまさかの4位転落。メンバーはほとんど変わっていなかっただけに、チーム内外に予想以上に“4タテショック”があったと言われた。

「セ・リーグの他の5球団に『巨人を必要以上に恐れることはない』という印象を与えたし、2年連続20勝の斎藤雅樹が勤続疲労からか調子を落としていたという戦力面のマイナスもあった。とはいえ、斎藤は11勝しているし、3本柱の桑田真澄、槙原寛己も健在でした。低迷の大きな要因に、ムードメーカーであるクロマティの退団があったと考えられます」

“巨人軍史上最高の助っ人”と呼ばれるウォーレン・クロマティは1984年に来日し、1年目に2割8分、35本塁打、93打点と活躍。広島とのデッドヒートを繰り広げた1986年10月には、頭部に死球を受けて退場した翌日に代打で登場し、ヤクルト・尾花高夫から代打満塁ホームランを放ち、王貞治監督と抱き合った。この年は広島に優勝をさらわれたが、翌年は見事に雪辱を果たし、就任4年目の王監督を初めての胴上げに導いた。8月20日、後楽園球場で行われた広島との天王山では、抑えの津田恒美から逆転サヨナラホームランを放っている。

「ヒットを打った後に1塁ベース上で頭を指差すポーズやホームランを打った後に1、2塁間で拳を上げるガッツポーズ、悠々間に合うタイミングでも3塁には必ずヘッドスライディングをするなど魅せる選手でした。ホームランを打った後、守りにつく際にライトスタンドの前で行う万歳パフォーマンスは恒例行事となり、巨人ファンの心を掴みました。今年のウィーラー以上に、ムードメーカーでした」

 在籍7年で通算3割2分1厘の高打率を残したクロマティは、1990年限りで退団。日本球界初の4割打者誕生かと騒がれた前年に比べれば、2割9分3厘、14本塁打、55打点と最終年の成績は落ちていたが、極端に悪い数字でもなかった。結局、翌年38歳を迎えるクロウと球団は契約に合意せず、お別れの挨拶の場もなく、巨人を去っていった。

「代わりに入団したフィル・ブラッドリーは2割8分2厘、21本塁打、70打点と数字を見れば及第点でしょう。しかしクロマティと比べると、内に篭る性格で、陽気なタイプではなかった。クロマティは1989年の近鉄との日本シリーズで3連敗した後、ミーティングでチームメイトに熱く語り掛けるなど、助っ人の枠を超えた選手だった。数字に見えない貢献度も高かった。1991年もクロマティがいれば、Bクラス転落はなかったかもしれません」

 現在と違い、外国人の1軍出場枠が2人だったという事情もあっただろう。外国人枠の拡がった今、日本シリーズ4連敗後のムードメーカーの残留は原監督にとって朗報ではないだろうか。

関連記事(外部サイト)